ホーム>スタッフブログ>TOYOTA CAMRY DCC施工

TOYOTA CAMRY DCC施工

「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」 DCC Platinam Black の完成です!

 

 

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

何かと慌ただしかった3連休の初日が終わろうとしておりますが

 

 

そんな中で「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ Black”クラスの施工がバッチリと完成しましたのご紹介させていただきましょうnote

 

 

 

 

 

 

ボディー全体に形成された極厚層コーティングバリアの効果によって

 

 

ヌメヌメ~っとした厚み感のあるボディーの光沢に仕上がっておりますsign01

 

 

 

 

 

今回は”アティチュードブラックマイカ”という真っ黒に近いメタリックとなり

 

 

一般的に非常にコーティング施工の難易度が高いとされるカラーでしたがsweat01

 

 

 

カープロテクト徳島では数多くの施工実績がございますので

 

 

何の問題もなくバッチリと仕上げさせていただいておりますnote

 

 

 

 

 

 

では当店が自信をもってご紹介するDCCプラチナブラックの輝きを じ~っくりとご覧いただきましょうshine

 

 

 

 

 

 

目に見えるほど厚いコーティング層の存在感による

 

 

巷に溢れる普通のコーティングとの仕上がりの違いを皆さまの目で感じ取ってくださいheart02

 

 

2017107171114.JPG

2017107171159.JPG

2017107172154.JPG

2017107171225.JPG

2017107171311.JPG

2017107171335.JPG

201710717141.JPG

2017107171422.JPG

201710717152.JPG

201710717175.JPG

2017107171550.JPG

2017107171528.JPG

2017107171612.JPG

2017107171641.JPG

2017107171816.JPG

201710717191.JPG

2017107171922.JPG

201710717204.JPG

 

 

このまるで塗装をもう一度厚塗りしたかのような

 

 

今にもとろけてしまいそうなブラックメタリックの光沢がお分かりいただけるでしょうかlovely

 

 

 

 

 

 

これは本当に目に見えるほど厚さのあるDCCプラチナブラックのコーティングバリアが

 

 

完全な層となって塗装表面を包み込んでいるからですよsign03

 

 

 

 

 

 

ただの雨や水を撥水させるだけのコーティングとは違って

 

 

カーボディーマニキュアコーティングと呼ばれる由縁がここにあるのですsecret

 

 

 

 

 

 

純度の非常に濃い液体ガラスが主成分となるDCCプラチナブラック

 

 

特殊な独特の施工方法によってこれだけの光沢を生み出すことが出来るんですよflair

 

 

 

 

 

車の塗装を紫外線やキズ付きなどからも保護してくれるだけではなく

 

 

その見た目までグレードアップするのですからこんな良いことはないでしょうcrownshine

 

 

 

 

 

もちろんですが硬くて分厚いコーティングバリアの効果で洗車機の使用もOKですgood

 

 

 

 

 

それがそんじゃそこらの普通のコーティングには絶対に真似の出来ない

 

 

最強コーティングの自信の表れでございますsign03

 

 

 

 

 

もっと詳しい質問についてはいつでもお気軽にお問い合わせ下さいtelephone

 

 

 

 

 

コーティングと一言でいいましてもピンからキリまでございますが

 

 

本当に効果があって本物のコーティングとはどのような物なのかをよ~く見極めて下さいねnote

 

 

 

 

 本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」の肌調整が出来ました。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですrain

 

 

 

 

 

本日もあいにくの雨模様のお天気で気分も落ち込みがちですがcoldsweats01

 

 

 

そんな中で「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」

 

 

コーティングの重要なベース下地となる塗装表面の肌調整が

 

 

バッチリ出来上がりましたので皆さまにご紹介させていただこうと思いますnote

 

 

 

 

 

おっと!その前に入庫した際の塗装状態はどのような状態だったのかは

 

 

画面をそのままず~っと下にスクロールして昨日のまでのブログを振り返ってご覧になって下さいupdown

 

 

 

 

 

お車はつい数日前に納車されたばかりのピッチピチの新車になりますnewshine

 

 

 

 

ボディーは”アティチュードブラックマイカ”という新色で

 

 

非常に塗装が柔らかくお手入れや維持が難しい塗装ですねsweat01

 

 

 

 

そのような取り扱いの難しいデリケートな色だけに

 

 

きちんとした肌調整が出来ないコーティング専門店が数多くあるんですよng

 

 

 

 

 

きちんとした肌調整が出来ないために肌調整など行わずに

 

 

コーティングを塗って拭き取るだけの簡単施工しかされないことが多いのですsweat02

 

 

 

 

 

それでは肝心なコーティングの定着も悪くなり

 

 

本当に最高の仕上がりにはとてもならないと思いませんかsign02

 

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島では難易度の高い色の塗装であっても

 

 

じっくり時間をかけて肌調整を施し塗装の光沢を最大限にまで引き出す

 

 

ハイレベルな技術を持っておりますのでご安心してお任せいただければと思いますnote

 

 

 

 

 

それでは新車以上の新車の輝きに生まれ変わった

 

 

より深みのある新色ブラックの光沢をじっくり味わってみてくださいsign03

 

201710617135.JPG

2017106171822.JPG

2017106171327.JPG

2017106171347.JPG

201710617146.JPG

2017106171425.JPG

2017106171446.JPG

2017106171535.JPG

2017106171558.JPG

2017106171618.JPG

2017106171641.JPG

201710617174.JPG

2017106171726.JPG

 

 

 

ナノレベルにまで整えられ一睡のクモリもない塗装の仕上がりが

 

 

これらの写真だけで皆さんにどこまで伝わるでしょうかflair

 

 

 

 

 

昨日までのとは打って変わりボディーに映り込んでいる照明や景色の様子が

 

 

鮮明になっているのを確認していただけると思いますsearch

 

 

 

 

 

光沢アップを重視した肌調整によってより透明感のあるボディーに進化しているでしょうshine

 

 

 

 

 

もう今の段階だけでそんじゃそこらの新車とは比較にならない

 

 

新車以上の新車の塗装に仕上がっていますよgood

 

 

 

 

 

今回のように本格的なコーティング施工が難しいとされる特殊な塗装でも

 

 

カープロテクト徳島では普通の塗装と同じように同じレベルで施工が可能ですnote

 

 

 

 

 

よく耳する話ではきちんとした塗装の肌調整が出来ずに

 

 

洗車をしたボディーにコーティングを塗って拭き取って出来あがり~smile

 

 

 

 

な~んてなんちゃってコーティング施工をしている専門店がたくさんあるようですsweat01

 

 

 

 

 

それで果たしてプロが手掛けるコーティングと云えるのでしょうかng

 

 

 

 

 

 

本物の職人が手掛けるコーティングとはdash

 

 

 

どのような特性を持った塗装でも…

 

 

どのようなコンデションの塗装でも…

 

 

 

 

最高の状態の塗装に仕上げることが出来て始めて

 

 

本物の仕上がりのカーコーティングと言えると思っておりますsign03

 

 

 

 

 

 

巷には名前だけのなんちゃってコーティングが山ほど溢れかえっておりますが

 

 

価格や宣伝文句だけで判断するのではなく 職人の施工技術やこだわりなんかに注目してみて下さいcoldsweats01

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」 肌調整の途中経過です。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですcloud

 

 

 

 

 

今にも雨が降り出しそうな空模様が続いておりますがsweat01

 

 

 

そんな中で「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」

 

 

肌調整作業にじっくりと取り組んでおりますよぉ~dash

 

 

2017105165410.JPG

201710516535.JPG

2017105165333.JPG

 

 

 

画像だけでは分かりにくいかもしれませんが

 

 

だいぶスッキリと透明感のある光沢に変化してきましたねcarshine

 

 

 

 

 

一見すると真っ黒に見えてしまうブラックメタリックカラーでございますが

 

 

重厚感のある雰囲気と共に更なる高級感を十分に感じていただけるのではないでしょうかcrownshine

 

 

 

 

もうお忘れかもしれませんので昨日までの肌調整前の塗装状態からご覧くださいsearch

 

2017104162558.JPG

2017104162415.JPG

2017104162443.JPG

201710416252.JPG

2017104162523.JPG

 

 

これらの画像は昨日の手洗い洗車を済ませた時の塗装状態ですが

 

 

水性タイプの塗料が使用された国産車特有のモヤモヤした塗装表面の塗り肌が確認出来ましたsearch

 

 

 

 

 

 

まだ今回は当たりと云えるほど良い塗装仕上がりではあるものの

 

 

照明の映り込み具合をよ~く見ていただきますと

 

 

照明の光の映り込みに鮮明さが無いのが確認出来るでしょうcoldsweats02

 

 

 

 

 

 

一昔前の有機系ウレタン塗料が使用されていたころのように高温焼き付け乾燥ではなく

 

 

温風乾燥仕上げとなる為にモヤモヤした塗装表面になってしまうようですねsweat02

 

 

 

 

 

国産車の中でも塗装仕上がりには定評のあるトヨタさんではございますが

 

 

このようにして視点を変えてみますといろいろな特性が見えくるのですsearch

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島ではflair

 

 

 

そのような近年の新車の塗装のマイナス面や不具合をカバーするために

 

 

じっくり丁寧に塗装表面の光沢を最大限にまで引き出してから

 

 

分厚くて硬いクリスタルコーティングバリアで保護するという次世代カーコーティングを行っておりますsign01

 

 

 

 

 

 

巷に溢れるそんじゃそこらのコーティングの仕上がりや効果とは

 

 

比較にならない施工を行っておりますので安心してお任せくださいませflair

 

 

 

 

 

ディーラーさんの工場や安価なコーティング専門店で行われております

 

 

ただ洗車だけしたボディーにコーティングを塗って拭き取るだけの簡単施工では

 

 

それなりの効果と仕上がりしか望めませんのでよ~くご注意くいただきたいと思いますng

 

 

 

 

2017105164951.JPG

2017105165016.JPG

 

 

 

そんなこんなで入念な肌調整も現在進行中となりまして

 

 

ここからは更にナノレベルにまで塗装表面の調整を行いまして鏡面状態の光沢を表現してまいりますshine

 

 

 

 

 

黒系のカラーは特に塗装表面の様子が見えやすい為に

 

 

どのような照明や環境下で見ても最高の光沢に仕上げるのは至難の業なんですよup

 

 

 

 

 

しかし他では出来ないことを可能に出来るがカープロテクト徳島なのですsign03

 

 

 

 

また納得のいく輝きになりましたら改めてご紹介させていただきますので

 

 

もうしばらくお待ちくださいnote

 

 

 

 

 

本日もありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」の入庫です。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

急な気温の低下に身体がついて行っておりませんが

 

 

そんな中でまたまた新しいお車が入庫しておりますのでご紹介させていただきましょうsign01

 

 

2017104162651.JPG

 

 

「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」」をお預かりいたしましたnote

 

 

 

 

 

海外では非常に人気の高かったモデルが

 

 

いよいよフルモデルチェンジされて日本市場に登場しましたsign02

 

 

 

 

 

私たちが記憶にあるカムリとはまったく別もので

 

 

上級なスポーティーハイブリッドサルーンとして生まれ変わりましたよねcrown

 

 

 

 

押し出し感の強いフロントマスクや内装のデザインや質感を見ましても

 

 

これは新たな歴史が刻まれそうですbook

 

 

 

 

 

お車は納車されたばかりのバリバリの新車をそのまんまお預かりいたしましたnewshine

 

 

 

 

 

もうこれまでに3台ほどお世話になっておりますオーナー様の息子様のお車でして

 

 

この度もカープロテクト徳島をご愛顧いただきまして誠にありがとうございますheart01

 

 

 

 

 

今回も新車以上の新車の輝きに仕上げさせていただきますのでしばらくお待ち下さいませsign03

 

 

 

 

 

 

さっそくDCCハイブリッドシャンプーによる入念な手洗い洗車を済ませたところで

 

 

ちょっと気になる塗装のコンディションをご紹介させていただきたいと思いますflair

 

 

2017104162558.JPG

2017104162621.JPG

 

 

冒頭でもご紹介しましたように平成29年9月登録のチャキチャキの新車ですよnewshine

 

 

 

 

 

さてさてボディーカラーは”アティチュードブラックマイカ”という

 

 

よ~く見なければまっ黒にも見えてしまう新色のブラックメタリックラーになっておりますringshine

 

 

 

 

 

今回は今年で1番じゃないかと思えるほど当たりの塗装でして

 

 

非常に塗り肌も滑らかで光沢が良く見えますsearch

 

 

 

 

 

 

しかし塗装ロボットによって塗りっぱなしの塗装となりますので

 

 

な~んにも問題が無いという分けではございませんsweat01

 

 

 

 

いつものように高光度の特殊な照明の映り込み具合をよ~く見ていただくと

 

 

若干ながら塗装のお肌のモヤモヤした感じがかなり気になりませんかsign02

 

 

 

 

 

照明の光の反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけるでしょうng

 

 

 

 

 

近年の国産車のボディーの塗装は環境保護という名目で

 

 

水性タイプの塗料が使用されておりますので注意が必要ですdanger

 

 

 

 

 

10年ほど前より皆さんの知らないうちに国産車メーカーの塗装に採用しております水性塗料は

 

 

温風乾燥仕上げとなる為にどうしてもこんな風に肌質が粗くなってしまうようですねsecret

 

 

 

 

 

 

水性塗料ということで水のようにサラサラの塗料を塗る分けですから

 

 

当然のごとく塗装の厚さも薄く耐久性がありませんsweat01

 

 

 

 

 

近年はいろんなカラフルなカラーバリエーションが増えたことで誤魔化されがちですが

 

 

塗装そのものの耐久性や厚さや仕上がりなんかは一昔前よりも下降しているということを知っておいて下さいdown

 

 

 

 

 

 

その為にコーティングというものが重要視され始めたのですが

 

 

一般的なコーティングのように雨や洗車で流れ落ちてしまうコーティングでは本当に塗装を保護することは出来ませんよぉ~dash

 

 

 

 

 

 

そこで純度の濃い液体ガラスを使用した分厚くて硬い強固なコーティングバリアで

 

 

本当に塗装を保護出来るDCCのような完全硬化型の本格的なコーティングが

 

 

だんだんと注目されている意味がよ~くご理解いただけると思いますdeliciousnotes

 

 

2017104162415.JPG

2017104162443.JPG

201710416252.JPG

2017104162523.JPG

 

 

 

さて流線型でボリュームのあるボディー側面なども見てみると

 

 

さらに塗装の塗り肌が少し粗めでモヤモヤ感のある様子が確認出来ますsearch

 

 

 

 

 

これではせっかくの新車の輝きが半減して見えてしまいますよねdownwardright

 

 

 

 

 

例え新車と云えども天気や気温に左右される塗装仕上がりには個体差が出てしまいますので

 

 

一台一台異なる塗装の状態を見極めて修正する技術というのが重要になってまいりますsecret

 

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島ではあらゆる塗装の下地調整には自信をもっておりますsign01

 

 

 

これまでのノウハウと肌調整技術によりスッキリと解消出来ますのでご安心くださいgood

 

 

 

 

 

 

ではでは少し粗めの塗装の塗り肌(ゆず肌)を少しずつキメ細かく調整しながら光沢を引き出し

 

 

そんじゃそこらにないような別格の黒光りに仕上げていきましょうnote

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>