ホーム>スタッフブログ>2017年12月

2017年12月

「SUBARU LEGACY OUTBACK Limited」DCC Platinam Class の完成です!

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

さていよいよ今年の最後となります業務が終了しようとしておりますが

 

 

先日もお伝えしましたようにsweat01

 

 

2017年12月29日~2018年1月5日まで冬期休暇とさせていただきますflair

 

 

 

 

年明けは1月6日より通常営業を行いますので

 

 

また来年も変わらずお付き合いをいただければと思います<(_ _)>

 

 

 

 

それでは私のブログでのご紹介が遅れていた関係でイキナリではございますが

 

 

「SUBARU LEGACY OUTBACK Limited」

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ”クラスがバッチリ完成しておりますのでご紹介いたしましょうsign01

 

 

 

 

 

 

巷に溢れかえるそんじゃそこらのなんちゃってコーティングでは絶対に真似の出来ない

 

 

目を見張るほどの仕上がりの違いをぜひともご覧くださいませnote

 

 

 

 

 

 

DCCによる極厚層クリスタルコーティングバリアの効果で

 

 

ボディー全体がヌメヌメ状態の”タングステンメタリック”に進化してますよぉ~shine

 

 

 

 

 

 

塗装の塗り肌がちょっと粗めのボディーコンデションでしたが

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけて塗装の光沢を引き出し

 

 

コーティング施工をさせていただいておりますので輝きが増しておりますcarshine

 

 

 

 

 

 

 ではでは昨日のブログで施工前の塗装状態や光沢具合をよ~く見比べながらながら

 

 

どのようにボディーの輝きが進化したのかじっくりとご覧くださいsearch

 

2017122814727.JPG

2017122814823.JPG

20171228141434.JPG

2017122814842.JPG

201712281491.JPG

2017122814921.JPG

2017122814940.JPG

2017122814100.JPG

20171228141019.JPG

20171228141038.JPG

20171228141057.JPG

20171228141116.JPG

20171228141134.JPG

20171228141156.JPG

20171228141218.JPG

20171228141237.JPG

20171228141256.JPG

20171228141316.JPG

20171228141352.JPG

20171228141411.JPG

 

 

 

このクリスタルのバリアで包まれた重厚で厚み感のある光沢が

 

 

これらの写真だけでも十分に感じていただけるのではないでしょうかheart01

 

 

 

 

 

 

ヌメヌメトゥルントゥルン♪の光沢ボディーに生まれ変わりましたねshinecarshine

 

 

 

 

 

 

いつも申し上げておりますがカープロテクト徳島こだわりの肌調整仕上げによる

 

 

ハイレベルな下地づくりとDCCの分厚いコーティング層との相乗効果によって生まれた

 

 

DCCにしか出来ない別格の光沢でございますsign03

 

 

 

 

 

 

塗装の下地調整技術やコーティング能力や性能がわずかに欠けても

 

 

この異様なまでの別格の輝きは実現しないのですdash

 

 

 

 

 

 

また今回の施工によって形成された厚みのあるコーティングバリアは

 

 

本物のクリスタルガラスのように紫外線や酸性雨などの影響を受けない性質に転換していますsecret

 

 

 

 

 

DCCの極厚層コーティングバリアが塗装をガッチリと保護してくれますので

 

 

コイン洗車機で洗車をしていただいても塗装が痛んでしまう心配がないんですよgood

 

 

 

 

 

そんなカーコーティングを今までに見たことも聞いたことがないでしょうflair

 

 

 

 

 

 

コーティング専用という洗浄力の弱いシャンプーを使用しなければ

 

 

簡単に流れ落ちてしまうようなWAXレベルの”なんちゃってコーティング”とは比較になりませんbook

 

 

 

 

 

1度の施工でガッチリと塗装を紫外線やキズなどからも守ってくれる

 

 

本物のコーティングをお探しの方はぜひDCCをお選び下さいnote

 

 

 

 

 

今年もブログを通じてカープロテクト徳島をご愛顧いただきまして

 

 

誠にありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

心身ともにリフレッシュをしまして

 

 

また例年も元気に復活したいと思いますのでよろしくお願い申し上げますnote

 

 

 

 

皆さまも良いお年をお迎えくださいshine

 

 

 

 

 

「SUBARU LEGACY OUTBACK Limited」の入庫です。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

年末が近づき慌ただしい日々が続いている関係で

 

 

ちょっとご紹介が遅れておりますがsweat02

 

 

今年も最後となります新たなお車をお預かりしておりますのでご紹介させていただきましょうnote

 

 

 

20171227172337.JPG

 

 

「SUBARU LEGACY OUTBACK Limited」の入庫でございますsign01

 

 

 

 

日本のSUV系ステーションワゴンのブームを作った

 

 

誰もがご存じのスバル車の代表的なお車ですねcardash

 

 

 

 

車好きなら一度は乗ってみたい魅力的なお車でもありますheart02

 

 

 

 

 

 

この度もオーナー様のご期待添えるように

 

 

精一杯に仕事をさせていただきますので完成までしばらくお待ちくださいませcoldsweats01

 

 

 

 

ではさっそくですが気になる塗装状態からご紹介していきましょうsearch

 

20171227171654.JPG

20171227171714.JPG

20171227171731.JPG

20171227171749.JPG

 

 

 

さてお車は平成29年10月登録のまだまだチャッキチャキの新車になりますflair

 

 

 

 

今回は納車の際にディーラーさんのコーティングを施工されていたそうですが

 

 

早くも物足りなさを感じたということで当店にご依頼いただきましたcoldsweats01

 

 

 

 

 

気になる塗装状態に目を移しますと

 

 

いつものことながら塗装のお肌のモヤモヤが気になるところですsweat02

 

 

 

 

ボディーは”タングステンメタリック”という重厚感のあるカラーですが

 

 

 

モヤモヤした塗装仕上がりにより光沢が少し鈍い感じがしませんかdown

 

 

 

 

 

 

特殊な照明の光がボディーに映り込んでいる様子や

 

 

反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけるでしょうsearch

 


 

 

 

 

今回のようなシルバー系のカラーは以外にも塗装表面に様子が見えやすく

 

 

どうしても塗り肌が気になりやすい傾向がありますので注意が必要となりますdanger

 

 

 

 

 

特にバンパーなどの塗料はボディーとは違い

 

 

ウレタン樹脂用の塗料が使用されておりますので粗い塗り肌が出やすいですよねng

 

 

 

 

 

 

共通して云えることは例えこだわりの塗装とは言いましても

 

 

水性塗料が採用されている近年の国産車の塗装は一昔前の塗装と比べると

 

 

薄くて弱く耐久性が下降しているというのを十分に認識しておいてくださいませsecret

 

 

 

 

 

 

先進技術の進化によって故障が少なく燃費も年々良くなる国産車ですが

 

 

肝心なボディーの塗装が弱いとなれば意味がありませんcrying

 

 

 

 

 

 

ディーラーさんのなんちゃってコーティング施工は

 

 

工場でサービスマンが洗車したボディーにコーティングを塗って拭き取るだけの

 

 

簡単施工となりますので仕上がりも効果も期待できる筈はありませんよねng

 

 

 

 

 

 

そうならない為にもきっちりとした技術で肌調整を行い

 

 

塗装の短所を修正し分厚い強固なコーティングバリアで本当に塗装を保護出来る

 

 

DCCのような本物のコーティングを求める方が増えているのですup

 

 

 

20171227171526.JPG

20171227171547.JPG

2017122717165.JPG

20171227171623.JPG

 

 

 

さてさて流線型のきれいなラインが特徴のボディー側面部分も

 

 

これまた同じように水性塗料の短所とされる粗い塗り肌のモヤモヤ感がかなり出ておりますsearch

 

 

 

 

 

照明の映り込みなど見ていただいてお分かりのようにお肌のモヤモヤ感と共に鮮明さがないでしょうdown

 

 

 

 

 

先ほどのお話のように塗装の特性は国産車メーカーによってそれぞれ異なりますが

 

 

また1台1台それぞれの塗装仕上がりにも個体差が生じることがよくありますsecret

 

 

 

 

 

塗装というのはその日のお天気や気温や湿度によって仕上がりが変わる生き物ですから

 

 

大量生産される新車だからと言ってもすべて同じ品質に造られている分けではないんですよflair

 

 

 

 

 

そのような塗装の個体差を修正する為にカープロテクト徳島では

 

 

塗装の仕上がりやコンディションに応じた塗装表面の肌調整に

 

 

じっくり時間をかけておりますのでご安心してお任せいただければと思いますcarshine

 

 

 

 

 

 

では今回も他では絶対に真似の出来ない輝きをしたお車に仕上げていきますので

 

 

またお時間がございましたら最後までお付き合い下さいdeliciousnote

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

「TOYOTA HARRIER HYBRID PREMIUM」DCC Platinam Class の完成です!

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

いよいよ今年も終わりが近づいてまいりましたが

 

 

ようやく年末年始のお休みが確定いたしましたのでお知らせいたしましょうmemopen

 

 

 

 

2017年12月29日~2018年1月5日まで冬期休暇とさせていただきますflair

 

 

 

 

 

今年もスタッフと共にガムシャラに突っ走って来ましたので

 

 

例年よりちょっと長めにお休みをいただく事に決めましたcoldsweats01

 

 

 

 

また心身ともにリフレッシュした来年は

 

 

より一層良い仕事が出来ますように頑張りたいと思っておりますnote

 

 

 

 

 

 

さて業務連絡もそこそこにしましてsweat01

 

 

「TOYOTA HARRIER HYBRID PREMIUM-」

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ”クラスがようやく完成いたしましたのでご紹介いたしましょうsign01

 

 

 

 

 

真新しい新車が手を加えるほどに輝きを増しながらup

 

 

DCCの極厚層クリスタルコーティングバリアの効果で

 

 

ボディー全体がヌメヌメテロテロ状態の光沢に進化してますよぉ~carshine

 

 

 

 

 

 

塗装の塗り肌がちょっと粗めのボディーコンデションでしたが

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけて塗装の光沢を引き出し

 

 

コーティング施工をさせていただいておりますので一味も二味も仕上がりが違いますよflair

 

 

 

 

 

 

 ではでは昨日までの入庫してからのブログで塗装状態や光沢具合をよ~く見比べながら

 

 

どのようにボディーが進化したのかじっくりとご覧くださいsearch

 

 

20171226165627.JPG

20171226165650.JPG

2017122617337.JPG

2017122616579.JPG

20171226165732.JPG

20171226165750.JPG

20171226165820.JPG

20171226165840.JPG

20171226165859.JPG

20171226165916.JPG

20171226165940.JPG

20171226165957.JPG

2017122617022.JPG

2017122617041.JPG

2017122617059.JPG

2017122617212.JPG

2017122617231.JPG

2017122617249.JPG

201712261737.JPG

 

 

 

何度も言いますがまるでクリアー塗装をもう一度厚塗りしたかのような質感が

 

 

これらの画像だけでも十分に感じていただけるのではないでしょうかdash

 

 

 

 

 

テロンテロ~ン♪っとした厚み感のある光沢ボディーに生まれ変わりましたねcarshine

 

 

 

 

 

巷に溢れるそんじゃそこらのカーコーティングと比較しますと40~50倍以上も厚さのある

 

 

クリスタル状のコーティングバリアが塗装すべてを包み込んでおりますflair

 

 

 

 

 

 

これがカープロテクト徳島こだわりの肌調整仕上げと

 

 

DCCの本当に分厚いコーティング層との相乗効果によって生まれた別格の光沢ですよgood

 

 

 

 

 

 

一時的に雨や水が撥水するだけのなんちゃってコーティングでは

 

 

この異様なまでの別格の輝きは実現しないのですsign03

 

 

 

 

 

 

ハイレベルな下地調整技術とDCCのコラボによって生み出された

 

 

本物のカーコーテングの仕上がりなんですよぉ~up

 

 

 

 

 

 

 

また今回の施工によって形成された厚みのあるコーティングバリアが塗装をガッチリと保護して

 

 

コイン洗車機で洗車をしていただいても塗装が痛んでしまうことがありませんok

 

 

 

 

 

それがDCCの強さの証明でもありますsecret

 

 

 

 

 

皆さんなら一時的にただ雨や水を撥水するだけのなんちゃってコーティングと

 

 

分厚いクリスタルバリアで塗装をガッチリ保護してくれる最強コーティングのどちらを選択されますかsign02

 

 

 

 

 

本当に効果のある本物のコーティングをお求めの方はぜひDCCをお選び下さいnote

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

「TOYOTA HARRIER HYBRID PREMIUM」の肌調整が出来ました。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

今日はいつになく北風の厳しい1日でしたが

 

 

そんな中で「TOYOTA HARRIER HYBRID PREMIUM」

 

 

肌調整がバッチリといい感じに出来上がりましたのでご紹介させていただきましょうsign01

 

 

 

 

 

 

塗装の光沢アップを重視した工程でみっちりとモヤモヤお肌を整えておりますので

 

 

透明感のあるキメ細かいスベスベのお肌に生まれ変わりましたよflair

 

 

 

 

 

一般的に光沢の表現が難しいシルバーメタリックカラーではございますが

 

 

誰が見ても違いの分かる光沢の鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

ちなみに入庫時はこのような塗装状態でしたsearch

 

2017122417621.JPG

201712241771.JPG

2017122417346.JPG

201712241747.JPG

201712241751.JPG

2017122417533.JPG

 

 

お車はつい先月の平成29年11月に納車されたばかりのバリバリの新車でございますnewshine

 

 

 

 

ボディーは”シルバーメタリックというきれいなカラーですねflair

 

 

 

 

 

こうしてみると照明の映り込みがぼやけているのがお分かりいただけると思いますが

 

 

いつもの国産車の塗装の短所でもある塗り肌(ゆず肌)のモヤモヤがかなり気になるところでしたsweat01

 

 

 

 

 

普通の太陽の光だけでは本当の塗装の状態は見えにくいのですが

 

 

当店の特殊な照明を照らすと塗装の肌の粗さなどが浮かび上がって見えてくるのですsearch

 

 

 

 

 

近年の国産車に採用される水性塗料は一昔前のウレタン焼き付け塗装と比べて

 

 

温風で乾燥させるだけの簡単仕上げとなりますのでこのような肌の粗さになってしまうようですよsweat02

 

 

 

 

 

そのような国産車の塗装の短所や塗装コンデションを良いものにする為に

 

 

今回の肌調整という工程は無くてはならない作業なのですdash

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島では本物の仕上がりを表現する為に

 

 

じっくり丁寧に肌調整に時間をかけておりますのでご安心いただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

 

それでは最大限にまで光沢を引き出したことで

 

 

高級感溢れるシルバーの輝きに変化したボディーをじっくりとご覧くださいませcrownshine

 

 

20171225164740.JPG

2017122516530.JPG

2017122516488.JPG

20171225164829.JPG

20171225164850.JPG

20171225164917.JPG

20171225164937.JPG

2017122516504.JPG

20171225165031.JPG

20171225165052.JPG

20171225165112.JPG

20171225165134.JPG

20171225165232.JPG

2017122516520.JPG

 

 

 

施工前の塗り(ゆず肌)の強かった塗装表面を少しずつ緻密に整える工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただいておりますshine

 

 

 

 

 

塗装表面のクリアー層により透明感が生まれ

 

 

緻密なシルバーの粒子が鮮明に浮かび上がり光沢がかなり増しましたよねup

 

 

 

 

 

 

いくらDCCのような完全硬化型のカーボディーマニキュアコーティングとはいえども

 

 

ただボディーに塗っただけで塗装が光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

 

 

このようにコーティングのベース下地となる塗装の肌調整をきちんと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を引き出してこそ

 

 

最高のコーティングの仕上がりになるというのを十分にご理解いただきたいと思いますflair

 

 

 

 

 

 

どうしても安価な施工価格だけを求めてカーコーティングを選びがちですが

 

 

それで果たして満足出来る仕上がりと本当コーティングの効果を望めるのでしょうかsign02

 

 

 

 

 

本物の仕上がりの本物のコーティングをお求めの方は価格や宣伝文句だけで判断するのでなはなく

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術にも注目して下さいnote

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「TOYOTA HARRIER HYBRID PREMIUM」の入庫です。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですcloudrain

 

 

 

 

 

今日はせっかくのxmasクリスマス・イブxmasだというのに

 

 

徳島県では夕方より雨のお天気となってしまいましたsweat01

 

 

 

皆さんお家でゆっくりとイブの夜をお楽しみいただきたいと思いますshine

 

 

 

 

そんな中でまた新たなお車をお預かりしておりますので

 

 

皆さまにご紹介させていただきましょうnote

 

20171224171131.JPG

 

 

「TOYOTA HARRIER HYBRID PREMIUM」をお預かりいたしましたsign01

 

 

 

 

 

国産車メーカーから多彩なSUV車はが販売されておりますが

 

 

その中でも近未来的なデザインで人気が高いモデルですよねrvcardash

 

 

 

 

 

 

当店としましても入庫率が高いお車となっていることから

 

 

塗装の特性や施工方法を見極めておりますので安心してお任せくださいませgood

 

 

 

 

 

今回もオーナー様のご期待添えるように

 

 

精一杯に仕事をさせていただきますので完成までしばらくお待ちくださいheart02

 

 

 

 

 

ではさっそくですが気になる塗装状態からご紹介していきましょうsearch

 

2017122417621.JPG

2017122417641.JPG

201712241771.JPG

 

 

 

今回は平成29年11月登録の先月に納車されたピッチピチの新車になりますcarshine

 

 

 

 

ボディーカラーはハリアーでは珍しい”シルバーメタリック”ですよぉ~cdshine

 

 

 

 

 

MODELLISTAのイカツイデザインと流線形が上手く融合されたボディーに

 

 

近未来的なシルバーメタリックが非常に映えてませんかcarshine

 

 

 

 

 

しかしいつものことながら塗装のお肌のモヤモヤ感が気になるところですsearch

 

 

 

 

 

近未来的な雰囲気の中に高級感があるシルバーメタリックカラーではございますが

 

 

メタリック特有のキラキラした粒子がモヤモヤした塗装によってちょっと見えにくいですよねng

 

 

 

 

 

 

当店の特殊な照明の光がボディーに映り込んでいる様子や

 

 

反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけでしょうかsearch

 


 

 

 

 

今回のような濃い色系のカラーは塗装の塗り肌のモヤモヤ加減が

 

 

特に目立ちやすい傾向がございますので注意が必要となりますdanger

 

 

 

 

 

元々の塗料は各国産メーカーとも同じ塗料を採用しているのですが

 

 

メーカーそれぞれに塗装ロボットの仕様や性能が違ったり天候に左右されることから

 

 

塗装の仕上がり具合には1台1台いろんな特徴が出てきてしまうんですsweat01

 

 

 

 

 

ただ共通して云えることは水性塗料が採用されている近年の国産車の塗装は

 

 

一昔前の塗装と比べると薄くて弱くなっているというのを十分に認識しておいてくださいねcoldsweats01

 

 

 

 

 

 

しかし技術の進化によって故障が少なく燃費も年々良くなる国産車ですが

 

 

肝心なボディーの塗装の耐久性は下降しているんですよng

 

 

 

 

 

そのような国産車の塗装のマイナス面をきっちりとした肌調整で修正出来る技術と

 

 

分厚い強固なコーティングバリアが形成出来るDCCのような完全硬化型のコーティングが必要となってくるのですok

 

 

2017122417346.JPG

201712241747.JPG

2017122417436.JPG

201712241751.JPG

2017122417533.JPG

 

 

 

さてさてボリュームたっぷりのプレスラインをしたボディー側面部分も

 

 

これまた同じように水性塗料の短所とされる粗い塗り肌のモヤモヤ感がかなり出ておりますsearch

 

 

 

 

 

照明の映り込みなど見ていただいてお分かりのように鮮明さがないでしょうdown

 

 

 

 

 

先ほどのお話のように塗装の特性は国産車メーカーによってそれぞれ異なりますが

 

 

また1台1台それぞれの塗装仕上がりにも個体差が生じることがよくあるのですsecret

 

 

 

 

 

塗装というのはその日のお天気や気温や湿度によって仕上がりが変わる生き物ですから

 

 

大量生産される新車だからと言ってもすべて同じ品質に造られている分けではないんですよflair

 

 

 

 

 

 

そのような塗装の個体差を修正する為にカープロテクト徳島では

 

 

塗装の仕上がりやコンディションに応じた塗装表面の肌調整に

 

 

じっくり時間をかけておりますのでご安心してお任せいただければと思いますcarshine

 

 

 

 

 

 

では今回も他では絶対に真似の出来ない輝きをしたお車に仕上げていきますので

 

 

またお時間がございましたら最後までお付き合い下さいませdeliciousnote

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

「VOLVO V40 T4 SE」DCC Platinam Classの完成です!

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスカーコーティング専門店

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

ふとっ!気がつくと外が真っ暗という毎日が続いておりますが

 

 

「VOLVO V40 T4 SE」

 

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ”クラスの施工が出来上がりましたのでご紹介したいと思いますsign01

 

 

 

 

 

 

 

塗装の光沢がかなり損なわれていたお車でしたが

 

 

見違えるようなテロンテロン♪ヌメヌメ~♪の光沢をしたボディーに進化しましたよnote

 

 

 

 

 

 

DCCにしか出来ない目に見えるほど存在感のある

 

 

極厚層コーティングバリア効果による別格の光沢をじっくりと味わってみてくださいcrownshine

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島ではどのようなコンデションの塗装のお車でも

 

 

これまでのノウハウと塗装再生技術によってお車を生まれ変わらせることが可能ですgood

 

 

 

 

いつでもお気軽にご相談くださいませflair

 

 

 

 

それでは別格のロウカッパーメタリックの輝きに進化したボディーを

 

 

よ~くご覧いただきましょうnote

 

20171222172047.JPG

2017122217218.JPG

20171222172728.JPG

20171222172128.JPG

20171222172148.JPG

20171222172211.JPG

20171222172231.JPG

20171222172251.JPG

20171222172310.JPG

20171222172328.JPG

20171222172346.JPG

20171222172411.JPG

20171222172433.JPG

20171222172452.JPG

20171222172512.JPG

20171222172540.JPG

2017122217261.JPG

20171222172620.JPG

20171222172638.JPG

20171222172658.JPG

 

 

 

他のコーティングではまず考えられないほど

 

 

純度の濃い液体ガラスをボディー全体に塗り込むことでsweat02

 

 

本当にクリスタルガラスの包まれたかのような質感に進化しておりますringshine

 

 

 

 

 

 

 輝きの物足りないお車でもきちんとした技術とハイレベルなコーティングとのコラボによって

 

 

これだけのお車に進化させることが可能だとよくお分かりいただけたのではないでしょうかcoldsweats01

 

 

 

 

 

 

まるでボディーにマニキュアのトップコートを施したかのような感覚でしょうnote

 

 

 

 

 

この極厚層のコーティング被膜が完全に硬化すると

 

 

元々の塗装の約3倍以上も表面が硬くなりキズが入りにくくなりますsign01

 

 

 

 

 

また一般的なコーティングの約40~50倍以上の厚さのコーティング層が

 

 

お車の塗装を完全に保護してくれるのでこんな安心なことはないですよねdash

 

 

 

 

 

また洗車の際にもまるでガラスの表面を洗っているような感覚で

 

 

汚れも簡単に洗い流せることでお手入れが劇的に早く楽になること間違いなしですup

 

 

 

 

 

今の愛車をこれからも長く大事に乗り続けたい

 

 

誰もが振り返るような輝き生まれ変わらせてみたいという方はぜひカープロテクト徳島にご相談くださいheart02

 

 

 

 

他では絶対に真似の出来ない輝きのお車に仕上げさせいただきますsign03

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

「VOLVO V40 T4 SE」の肌調整が出来ました。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

今日は比較的おだやかなお天気で何よりでしたが

 

 

「VOLVO V40 T4 SE」

 

 

肌調整が無事に出来上がっておりますのでご紹介させていただきましょうsign01

 

 

 

 

 

 

塗装の特性や状態を見極めながら光沢アップを重視した工程で

 

 

じっ~くりとモヤモヤお肌を整えておりますのでdash

 

 

透明感のあるキメ細かいスベスベのオレンジカラーに生まれ変わっておりますよぉ~note

 

 

 

 

 

 

一般的に肌調整仕上げが難しいカラーではございますが

 

 

何の問題もなく見違えるような鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

 

平成27年登録というまだまだ新しいお車でしたが

 

 

昨日までのブログでご紹介したように塗装のモヤモヤ加減が気になっておりましたsweat01

 

 

 

 

 

これはいくら真新しい輸入車といえどもこれは避けて通ることの出来ない

 

 

水性塗料を使用している国産車の塗装仕上がりの大きな短所とも云えますsweat02

 

 

 

 

 

きちんとした肌調整を行わないお店では

 

 

そのまんまの状態でコーティングを施工してしまうのですから恐ろしいですよねぇ~

 

 

 

 

それではコーティングの仕上がりどころか効果も半減してしまうんですよcrying

 

 

 

 

 

数年前より国産車や輸入車問わずボディーの塗装に採用しております水性塗料は

 

 

温風乾燥仕上げとなる為にどうしても塗り肌が粗くなってしまいますsweat01

 

 

 

 

 

塗料の品質や塗装ロボットの性能によっても変化があり

 

 

自動車メーカーそれぞれに塗装仕上がりには差が出てしまうのも現状なのですsecret

 

 

 

 

 

最近ではカラフルなカラーバリエーションが増えたことで誤魔化されがちですが

 

 

塗装の耐久性や厚さや仕上がりなんかは一昔前よりも下降しているということを知っておいて下さいdown

 

 

 

 

 

そのような近年の車の塗装の短所や塗装コンデションを良いものにする為に

 

 

今回の肌調整という工程は重要であり無くてはならない作業なのですdash

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島では本物の仕上がりを表現する為に

 

 

じっくり丁寧に肌調整に時間をかけておりますのでご安心いただければと思いますnote

 

 

 

 

 

それでは最大限にまで光沢を引き出した

 

 

深みのあるボディーの輝き具合をじっくりと感じ取ってくださいませcrownshine

 

20171221175122.JPG

20171221175626.JPG

20171221175146.JPG

20171221175238.JPG

2017122117529.JPG

2017122117536.JPG

20171221175329.JPG

20171221175359.JPG

20171221175427.JPG

20171221175446.JPG

2017122117554.JPG

20171221175523.JPG

20171221175542.JPG

20171221175559.JPG

 

 

 

施工前の塗り肌(ゆず肌)の強かった塗装表面を少しずつ緻密に整える工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただいておりますshine

 

 

 

 

 

 

塗装表面のクリアー層により透明感が生まれ

 

 

緻密なメタリックの粒子が鮮明に浮かび上がり光沢がかなり増しましたよねup

 

 

 

 

 

いくらDCCのようなハイレベルな次世代ハイブリッドコーティングでも

 

 

ただボディーに塗ったそれだけで塗装が光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

 

 

このようにコーティングのベース下地となる塗装の肌調整をきちんと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を引き出してこそ

 

 

本当の意味での最高の仕上がりになるというのを十分にご理解いただきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 

 

 

 

どうしても安価な施工価格だけを求めてコーティングを選びがちですが

 

 

それで果たして満足出来る仕上がりと本当の効果を望めるのでしょうかsign02

 

 

 

 

 

本物の仕上がりの本物のコーティングをお求めの方は価格や宣伝文句だけで判断するのでなはなく

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術に注目して下さいsign01

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「VOLVO V40 T4 SE」肌調整の途中経過です。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

今日は人の出入りが多くバタバタした1日でしたが

 

 

そんな中で昨日ご紹介しました「VOLVO V40 T4 SE」

 

 

肌調整に取り組んでいる真っ最中ですよぉ~dash

 

20171220172547.JPG

20171220172523.JPG

2017122017254.JPG

 

 

 

画像だけでは分かりにくいですが

 

 

だいぶスッキリと透明感のある光沢に変化してきましたねrvcarshine

 

 

 

 

 

夏の晴れた日の太陽のように

 

 

燦燦と明るい光を感じていただけるのではないでしょうかsun

 

 

 

 

もうお忘れかもしれませんので肌調整前の塗装状態からご覧くださいsearch

 

20171219171455.JPG

20171219171520.JPG

20171219172258.JPG

20171219172318.JPG

20171219172336.JPG

 

 

 

これらの画像は昨日の手洗い洗車を済ませた時の塗装状態ですが

 

 

水性タイプの塗料が使用された塗装特有のモヤモヤした塗装表面の塗り肌が確認出来ましたsearch

 

 

 

 

 

 

照明の映り込み具合をよ~く見ていただきますと

 

 

照明の光の映り込みに鮮明さが無いのが確認出来るでしょうsweat01

 

 

 

 

 

一昔前の有機系ウレタン塗料が使用されていたころのように高温焼き付け乾燥ではなく

 

 

温風乾燥仕上げとなる為にモヤモヤした塗装表面になってしまうようですねsweat02

 

 

 

 

 

そればかりではなく塗装そのものの耐久性や厚みなんかも

 

 

同じように下降しておりますので注意が必要になりますdanger

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島ではsweat01

 

 

そのような近年の新車の塗装のマイナス面をカバーするために

 

 

じっくり丁寧に塗装表面の光沢を最大限にまで引き出してから

 

 

分厚くて硬いクリスタルコーティングバリアで保護するという次世代カーコーティングを行っておりますsign01

 

 

 

 

 

 

巷に溢れるそんじゃそこらのコーティングの仕上がりや効果とは

 

 

比較にならない施工を行っておりますので安心してお任せくださいませflair

 

 

 

 

 

ただ洗車だけしたボディーにコーティングを塗って拭き取るだけでは

 

 

それなりの効果と仕上がりしか望めませんよsweat01

 

 

 

 

20171220172059.JPG

20171220172122.JPG

 

 

 

そんなこんなで入念な肌調整も途中段階となりまして

 

 

ここからは更にナノレベルにまで塗装表面の調整を行いまして鏡面状態の光沢を表現してまいりますshine

 

 

 

 

 

 

黒系のカラーと違いまして一見しますと簡単なカラーのように思われがちですが

 

 

光沢の分かりにくい白系の塗装を誰が見ても違いが分かる光沢に仕上げるのは至難の業なんですよup

 

 

 

 

 

先を急いでも本当の良い仕上がりにはなりませんので

 

 

本日の作業はここまでといたしますsweat01

 

 

 

 

 

また納得の出来る輝きになりましたら改めてご紹介させていただきますので

 

 

もうしばらくお待ちくださいnote

 

 

 

 

 

本日もありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

「VOLVO V40 T4 SE」の入庫です。

 

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですrainsun

 

 

 

 

午前中には久しぶりの雨のお天気となりましたがsweat01

 

 

そんな中で本日よりまた新たなお車が入庫しておりますので

 

 

皆さまにご紹介させていただきましょうsign01

 

 

20171219172441.JPG

 

 

 

「VOLVO V40 T4 SE」を新たにお預かりいたしましたnote

 

 

 

 


VOLVO社から販売されております

 

アーヴァンクロスオーバーモデルの登場ですねrvcardash

 

 

 

 

 

今回もカープロテクト徳島の持てる技術とノウハウと体力をすべて駆使しまして

 

 

見違えるような白光りの輝きをしたお車に仕上げていきたいと思いますgood

 

 

 

 

ではさっそく現在の塗装状態をご紹介させていただきましょうsearch

 

20171219171455.JPG

20171219171520.JPG

20171219171539.JPG

 

 

平成27年6月登録のお車でございますshine

 

 

 

 

 

 

ボディーカラーは非常に珍しい感じの“ロウカッパーメタリック"という

 

 

オレンジとブロンズを掛け合わせたような鮮やかなメタリックカラーですよshine

 

 

 

 

 

お預かりした際にはディーラーさんのなんちゃってコーティングが施工されておりましたが

 

 

難なくDCCハイブリッドシャンプーできれいサッパリと洗い流しましたsweat01

 

 

 

 

 

巷に溢れるなんちゃってコーティングは油分と撥水成分を混ぜ合わせたWAXの延長のようなものに過ぎずsweat02

 

 

それなりのシャンプーを使えば簡単に洗い流せちゃいますup

 

 

 

 

 

よくコーティング車専用シャンプーというのが販売されておりますが

 

 

その理由がよく分かりますよねcoldsweats01

 

 

 

 

 

洗浄力を弱めたシャンプーでなければコーティングが簡単に流れ落ちてしまうからですsecret

 

 

 

 

 

コーティングを施工してから専用シャンプーやらコンディショナーの使用を求められる時は要注意ですよdanger

 

 

 

 

 

 

 

洗浄力の弱い撥水成分入りシャンプーと撥水成分入りのコンディショナーを使って

 

 

ユーザーさんがコーティングの撥水を維持させられているようなものなのですng

 

 

 

 

 

まあその件につきましては次の機会にお話させていただくとしましてsweat01

 

 

 

まだまだ真新しいお車ではございますが

 

 

近年の車の塗装の短所としましてモヤモヤ感のある塗り肌が確認出来ますsearch

 

 

 

 

 

塗装の色の関係で少し見えにくいですが

 

 

照明の映り込みなんかを見ると光の反射がモヤモヤとして鮮明さがないでしょうdown

 

 

 

 

 

輸入車は国産車と違って品質の高い塗料が使用されておりまして

 

 

まだなめらかさや光沢の度合いという点では優れてはいるものの

 

 

温風乾燥される水性タイプの塗料の影響でモヤモヤした状態に仕上がってしまうのですsweat01

 

 

 

 

 

また新車の製造段階の天気や温度や湿度の関係で

 

 

塗装そのものの仕上がり具合も個体差が生じてしまいますので注意が必要ですねdanger

 

 

 

 

 

今回の場合はカープロテクト徳島のノウハウと下地技術により

 

 

十分に修正可能な範囲となりますのでご安心くださいませcarshine

 

 

20171219172238.JPG

20171219172258.JPG

20171219172318.JPG

20171219172336.JPG

 

 

 

コンパクトながらもボリュームのあるサイドパネルへ目を移してみても

 

 

やはりモヤモヤ感のある映り込みがお分かりいただけると思いますsearch

 

 

 

 

 

その影響からフロントからリアにかけてのボディーの印象が

 

 

見る角度によっては不鮮明に見えてしまいますねsweat01

 

 

 

 

せっかく鮮やかなメタリックカラーなのにこれでは非常に勿体ないですsad

 

 

 

 

 

しかし安心して下さいnote

 

 

 

 

 

これから行います塗装表面の肌調整をじっくりと丁寧に行いながら

 

 

光沢を最大限にまで引き出すことで透明感のある輝きとメリハリのあるボディーラインを強調してまいりますsign03

 

 

 

 

 

輸入車の塗装には不慣れで十分な肌調整が出来ないというお店もあるようですが

 

 

当店では数多くの施工実績がございますのでお任せ下さいませhappy01notes

 

 

 

 

 

また納得のいく光沢に仕上がりましたら

 

 

改めてご紹介させていただきますので今回もぜひともご期待いただきたいと思いますgood

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

「Mercedes-Benz CLS350 BlueEFFICIENCY」DCCヴァージョンメンテナンスの完成です!

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング専門店

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

さて昨日は私がお休みをいただいていた関係ですっかりご紹介が遅くなりましたが

 

 

「Mercedes-Benz CLS350 BlueEFFICIENCY」

 

 

DCCヴァージョンアップメンテナンスの完成状況をご覧いただきましょうnote

 

 

 

 

 

 

一応、カープロテクト徳島のブログは今日が初めてぇ~paper

 

 

っという方の為に改めて”DCCヴァージョンアップメンテナンス”の内容をご紹介しますとmemopen

 

 

 

 

 

 

他を圧倒するほど厚くて硬いクルスタルガラス状のコーティングバリアの表面についた

 

 

日頃の洗車やお手入れだけでは処理出来ない微細な洗車キズや水アカなどを

 

 

特殊なポリッシング再生作業を施すことでsweat01

 

 

さらに鏡面状態に光沢をアップさせるという内容のDCCにしか出来ないメンテナンスでございますup

 

 

 

 

 

 

それだけでもコーティグ効果や輝きの再生は十分なレべルとなりますが

 

 

さらにヴァージョンアップした極上の輝きをお求めになるオーナーさまの為に

 

 

贅沢にもう一度DCCヴァージョンアップ用液体ガラスを塗っちゃいましょうという作業内容ですflair

 

 

 

 

 

 

いや~これは本当に贅沢でもありその仕上がりも期待されるところですよねぇ~upupup

 

 

 

 

 

 

私の下手な説明をごちゃごちゃ並べるより

 

 

いつものように画像を見て頂いたほうが早いと思いますので

 

 

平成24年式のお車とは誰もが思えないほどの

 

 

さらにヴァージョンアップした別格の輝きを じ~っくりとご覧になってみてくださいcrownshine

 

 

20171218151539.JPG

2017121815165.JPG

20171218152233.JPG

20171218151628.JPG

20171218151649.JPG

2017121815179.JPG

20171218151731.JPG

20171218151751.JPG

20171218151812.JPG

20171218151833.JPG

2017121815192.JPG

20171218151927.JPG

20171218151949.JPG

20171218152017.JPG

20171218152039.JPG

2017121815212.JPG

20171218152121.JPG

20171218152140.JPG

2017121815221.JPG

 

 

 

普通の塗装の3倍以上にまで表面が硬く変化している

 

 

分厚いクリスタルコーティングバリアの表面を極限にまで磨き上げ光沢を最大限にまで引き出した上にsoon

 

 

さらに追い討ちをかけるようにDCCの分厚く硬いコーティングバリアが形成されておりますringshine

 

 

 

 

 

もう車の塗装というよりもまさにクリスタルガラス状のボディーって感じですねcdshine

 

 

 

 

これが本物の完全クリスタルコーティングの仕上がりですよsign03

 

 

 

 

 

 

宣伝文句だけの10年保証のコーティングもよくお見掛けしますが

 

 

誰が見られても圧倒的な膜厚感と別格の輝きを体感出来るのはDCCだけでしょうcrownshine

 

 

 

 

 

 

雨や洗車で簡単に流れ落ちてしまうようなsweat01

 

 

そんじゃそこらのガラス系なんちゃってコーティングとは根本的な性能や効果が違いますよgood

 

 

 

 

 

 

皆さんは今のコーティングで満足していらっしゃいますかsign02

 

 

 

 

 

 

いつでもコーティングのリフレッシュやヴァージョンアップの出来る

 

 

本物のカーコーティングを味わってみたい方はぜひともカープロテクト徳島にご相談下さいnote

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>