ホーム>スタッフブログ>DCCポリッシングメンテナンス>「Mercedes-Benz C63 AMG」の入庫です。
DCCポリッシングメンテナンス

「Mercedes-Benz C63 AMG」の入庫です。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラス・カーティング専門店

 

 

カープロテクト徳島ですcloud

 

 

 

 

今日は朝からどんよりとしたお天気で

 

 

何とか持ちこたえてくれたような感じですがsweat01

 

 

 

 

そんな中で本日からまた新しいお車をお預かりしておりますので

 

 

皆さまに簡単にご紹介させていただきましょうnote

 

 

20171130164044.JPG

 

 

 

「Mercedes-Benz C63 AMG」をお預かりしておりますshine

 

 

 

 

 

こちらのお車は平成24年7月に当店カープロテクト徳島にて

 

 

”D-CRYSTAL COAT GOLD”クラスの施工をさせていただいたお車になりますflair

 

 

 

 

 

過去の旧アメブロ時代の施工ブログは以下となっておりますdownwardleft

 

https://ameblo.jp/a7730021/entry-11306617684.html

 

 

 

 

 

 

その後の昨年の平成26年1月DCCポリッシングメンテナンスを実施させていただいておりますrecycle

 

 

またまた旧アメブロ時代の施工ブログは以下となっておりますdownwardleft

 

https://ameblo.jp/a7730021/entry-12118134610.html

 

 

 

 

 

 

今回のオーナー様は非常にお車をきれいにお手入れされておりまして

 

 

まだまだメンテナンスを実施するには少し早いような感じもしましたが

 

 

更なる輝きを求めて”DCCヴァージョンアップメンテナンス”のご依頼いただきましたup

 

 

 

 

それだけ愛車を大切にしておられるオーナー様のご期待に添えるように

 

 

じっくり丁寧に別格の輝きに仕上げさせていだきたいと思いますsign03

 

 

 

 

 

一応”DCCヴァージョンアップメンテナンス”をあまり聞きなれないという方に

 

 

簡単に今回の作業内容をご紹介しますと…

 

 

 

 

 

これまでにボディー表面に蓄積されてきました

 

 

日常の洗車やお手入れだけでは落としきれない汚れやsweat01

 

 

洗車の際にどうしても付いてしまうボディー表面の微細なキズなどをじっくり丁寧に修正除去しながら

 

 

さらにDCCクリスタルガラスを上塗りすることで輝きをヴァージョンアップさせるというメンテナンスですねsign03

 

 

 

 

 

 

 

ただ十分に理解していただきたいのが

 

 

よくあるなんちゃってコーティングのメンテナンスのように

 

 

流れ落ちたからコーティングを塗り重ねるというような再施工メンテナンスではありませんよdash

 

 

 

 

 

本日から最終の仕上がりまでの経過を見ていただければ

 

 

ヴァージョンアップさせる意味合いや効果について納得していただけると思いますnote

 

 

 

 

 

DCCは1年そこそこで再施工をしなければ効果が持続しないような

 

 

柔なコーティングではございませんので双方の違いをよ~くご理解くださいませdelicious

 

 

 

 

 

さてその気になる現在のボディーコンデションはこのような状態ですsearch

 

20171130163240.JPG

2017113016335.JPG

 

 

非常にお手入れの難易度が高いダイヤモンドブラックメタリックですが

 

 

平成26年1月のメンテナンス施工から約2年近く経過しているとは思えないほどのコンデションですshine

 

 

 

 

 

写真では捉えきれない微細な薄い雨シミが少し確認出来るもののsweat01

 

 

 

画像を見て頂いてお分かりのように

 

 

普通に通勤やレジャーに使用されているお車とは思えないほどの光沢を放っているでしょうcarshine

 

 

 

 

 

当店のボディー表面の詳細なキズや状態までも照らし出す特殊な照明の下で

 

 

このレベルですから普通に太陽光で見る分にはまったく何の問題もなく別格の黒光り状態となっておりますsign03

 

 

 

 

 

 

これはオーナー様の日頃のマメで丁寧なお手入れと

 

 

DCCの極厚で強固なコーティグバリアの効果によるものでしょうcrown

 

 

 

 

同じくボディーの側面部分もこのような状態ですsearch

 

20171130163845.JPG

2017113016399.JPG

 

 

 

同じようにカメラでは捉えきれないほどの微細な洗車キズが少し見られますが

 

 

ポリッシングの際にほとんど修正可能だと思われますので問題ございませんflair

 

 

 

 

 

しかし巷に溢れる短期間の水の撥水だけを目的としたなんちゃってコーティングでしたら

 

 

同じ条件で果たしてどれだけの輝きとコンデションを保っているでしょうねsign02

 

 

 

 

 

コーティングというのは施工したその時だけ良ければいいってもんじゃないのですdanger

 

 

 

 

 

数年後でも塗装を紫外線などの劣化やお手入れキズからちゃんと保護されて

 

 

コーティング効果を実感出来るのが本物のコーティングなのですgood

 

 

 

 

 

 

 

ではでは更なる光沢と輝きを求めていらっしゃるオーナーさまの期待にお応えして

 

 

今回も1ランクも2ランクも上のグレードアップした輝きを表現していきたいと思いますupupup

 

 

 

 

 

DCCは硬いクリスタルコーティングバリアの表面を

 

 

特殊な技法で磨き上げることでいくらでもヴァージョンアップが可能なんですよsign03

 

 

 

 

 

またお時間がございましたら

 

 

最後までそのバージョンアップした姿をぜひ見届けてみて下さいheart02

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9529