ホーム>スタッフブログ>ハリアー/ハイラックスサーフ DCC施工>「TOYOTA HARRIER HYBRID ELEGANCE」の肌調整が出来ました。
ハリアー/ハイラックスサーフ DCC施工

「TOYOTA HARRIER HYBRID ELEGANCE」の肌調整が出来ました。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

今日は日中は10月とは思えないほどの陽気でしたが

 

 

そんな中で「TOYOTA HARRIER HYBRID ELEGANCE」

 

 

肌調整がバッチリ出来上がりましたので皆さまにご紹介させていただきましょうsign01

 

 

 

 

 

 

 

いつものように少し粗めの塗装表面を調整しながら

 

 

光沢アップを重視した工程でじっくりとモヤモヤお肌を整えておりますので

 

 

透明感のあるキメ細かいスベスベのパールカラーに生まれ変わっておりますよぉ~note

 

 

 

 

 

 

これだけでも昨日までの真新しい新車の状態とは比較にならない

 

 

新車以上の新車の光沢をした鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

 

 

入庫した時の詳しい塗装の状態については

 

 

そのまんま画面を下へ下へスクロールしていただいて昨日のブログをご覧になって下さいcoldsweats01

 

 

 

 

 

 

この度は平成29年9月登録のまだまだピッチピチの新車でございましたが

 

 

いつものごとく塗装のお肌のモヤモヤがかなり目に付く状態でしたsearch

 

 

 

 

 

 

これは毎度毎度の事ながら口を酸っぱくしてお伝えしております

 

 

低コストの水性塗料を使用している国産車の塗装の大きな短所なんですねsweat02

 

 

 

 

 

 

数年前より国産車メーカー全車の塗装に採用しております水性塗料の関係で

 

 

簡単温風乾燥仕上げとなる為にどうしてもこんな風に塗装の肌質が粗くなってしまうようですdash

 

 

 

 

 

新車の塗装は100%の仕上がりだと思っておられる方がほとんどかと思われますが

 

 

実は70~80%ほどの仕上がりでしかないということを覚えておいてくださいませsecret

 

 

 

 

 

そのような国産車の塗装の短所や塗装コンデションを良いものにする為に

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけておりますのでご安心いただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

 

 

それでは最大限にまで塗装の光沢を引き出したダークブルーマイカメタリック

 

 

透き通るようなボディーの輝き具合をじっくりと感じ取ってくださいcrownshine

 

20171010171829.JPG

20171010171351.JPG

20171010171414.JPG

20171010171437.JPG

2017101017150.JPG

20171010171522.JPG

20171010171544.JPG

2017101017165.JPG

20171010171625.JPG

20171010171647.JPG

20171010171710.JPG

20171010171732.JPG

20171010171757.JPG

 

 

 

光沢アップ重視の塗装表面の肌調整により光沢が増し

 

 

多彩なメタリックのキラキラ粒子が浮かび上がった様子がお分かりいただけますでしょうかshine

 

 

 

 

 

施工前の塗り肌(ゆず肌)の強かった塗装表面を少しずつ緻密に整える工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただきましたup

 

 

 

 

 

塗装表面の光沢が増したことに

 

 

特徴的なボディーラインが鮮明にクッキリ確認出来るでしょうnote

 

 

 

 

 

ボディーラインに合わせて光沢に強弱をつけることで

 

 

きれいなボディーデザインを強調して表現をしておりますgood

 

 

 

 

 

いくらDCCのような分厚いクリスタル層を生み出すことが出来る次世代コーティングでも

 

 

洗車したでけのボディーに塗っただけで光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

 

ましてや安価なコーティング専門店やディーラーさんのおまけコーティングのように

 

 

コーティングを塗って拭き取るだけのでなんちゃってコーティングなんかは論外でございますsweat01

 

 

 

 

 

今回のように塗装の特性や車のデザインなどを考慮しながら

 

 

カーコーティングの重要なベース下地となる塗装の肌調整をきっちりと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を十分に引き出してこそ

 

 

本当の意味での最高の仕上がりになるというのをご理解くださいませcoldsweats01

 

 

 

 

 

 

コーティングに馴染みのない方はどうしても価格や宣伝文句だけで判断しがちですが

 

 

その時だけのパッと見が良ければいいのではないのですng

 

 

 

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術によって

 

 

1年後も2年後も…そして10年後も満足していただける本物のコーティングだと考えておりますnotes

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9485