ホーム>スタッフブログ>DCC部分施工>「TOYOTA BOXY ZS」の入庫です。
DCC部分施工

「TOYOTA BOXY ZS」の入庫です。

 

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島!ですtyphoon

 

 

 

 

 

 

さて徳島県では台風5号が上空を通過中となっておりまして

 

 

非常に雨風の強い大荒れのお天気となっておりますraintyphoon

 

 

 

 

 

 

台風が過ぎ去った地域の方も

 

 

まさにこれから台風を出迎える地域の方も十分に警戒していただきたいと思いますdanger

 

 

 

 

 

 

そんな中でもカープロテクト徳島は懸命にお車の作業を進めておりますので

 

 

昨日より新たにお預かりしているお車をご紹介させていただきましょうnote

 

 

 

201787144813.JPG

 

 

 

「TOYOTA BOXY ZS」をお預かりしておりますshine

 

 

 

 

今回は平成26年7月

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ”クラス工させていただいたお車になりますnotes

 

 

 

 

 

その当時の施工ブログが旧アメブロにございますので

 

 

参考までに下記URLをクリックしてご覧になって下さいpc

 

 

http://ameblo.jp/a7730021/entry-11790056135.html

 

 

 

 

 

ではさっそく入庫した際のボディー状態を見てみましょうsearch

 

201787141752.JPG

 

 

 

今回は大人の事情により詳しい内容はお伝え出来ませんが

 

 

フロント部分の大半を板金塗装修理されておりますsweat01

 

 

 

 

 

その新たに塗装された箇所の部分コーティンング施工を兼ねまして

 

 

その他のボディー部分のDCCポリッシングメンテナンスも同時にご依頼いただきましたsign01

 

 

 

 

 

新しく板金塗装された箇所は色合わせの難しい色ながらも

 

 

きれいに色合わせがされており良い仕上がりですねぇ~ok

 

 

 

 

 

しかしながら少し仕上げの肌調整が不十分な為に塗装の塗り肌が粗く見えますsearch

 

 

 

 

 

このまんまではいくらDCCと云えども最高の輝きは表現出来ませんので

 

 

塗り肌の粗い部分の最調整をしながら光沢を最大限にまで引き出しているところでございますrvcarshine

 

 

 

 

新しく塗装された部分だからそのまんまでのいいじゃないかsign02

 

 

な~んて思われる方もいらっしゃると思いますが数年後に不具合が出て来る場合があるんですよng

 

 

 

 

こういったこだわりを持って仕事をするというのは

 

 

後々の事を考えましてもスゴク重要なポイントなんですねflair

 

 

 

 

カーコーティングというのはその場だけきれいになれば良いというものではなく

 

 

先々までことまで想定して手を施すのが本当の職人仕事になりますcoldsweats01

 

 

 

 

201787143531.JPG

201787143554.JPG

 

 

 

その他の最初のコーティング施工からちょうど3年が経過したボディー状態ですが

 

 

非常にボディーの粗が目立ちやすいことで有名な”ボルドーマイカメタリック”ながらも

 

 

ご覧のようなコンデションと深みのある光沢を保っているでしょうshine

 

 

 

 

 

オーナー様の日頃のお手入れの賜物ながらも

 

 

さすが世界最強のコーティングと呼ばれる"DCC”とも云えるでしょうsign03

 

 

 

 

ただコーティングを塗って拭き取るだけのなんちゃってコーティングでは同じようにならないですよdown

 

 

 

 

 

最初にきちんとした下地づくりに時間をかけて施工をしているからこそ

 

 

年月が経過しても十分なカーコーティング効果が発揮されるんですねgood

 

 

 

 

 

では引き続きまして板金塗装されて箇所の再調整と

 

 

さらなるヴァージョンアップの為にきっちりと光沢を引き出していきましょうnotes

 

 

 

 

またお時間がございましたらしばらくぜひお付き合い下さいcoldsweats01

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9432