ホーム>DCCメニュー>プラチナブラッククラス

プラチナブラッククラス

DCC PLATINUM BLACK CLASS

DCC PLATINUM BLACK CLASS

コーティング
形成されるコーティング被膜 約8~12ミクロン前後
表面硬度 約8H
コーティング保証期間 10年

DCCプラチナクラスをブラックカラー専用にバージョンアップさせたクラスです。

DCCプラチナクラスを施工した場合、ボディにかなりの光沢が表現されます。
しかしながらブラック系のボディーではあまり光沢が強すぎると反射が強すぎて鏡のようになってしまい、せっかくの黒色の色の深みが損なわれてしまいます。

その為にDCCプラチナブラッククラスでは若干の反射を抑え色の深みが表現されるように作られています。
DCCのコーティング溶剤は非常に分子構造が緻密に作られており、一般的に市場に溢れるコーティングのように塗装の表面に付いているだけと云う簡単な理論ではありません。

ピ アノブラックのような光沢

車の塗装に表層内部2~3ミクロンまでに浸透し、内部被膜を形成することにより鏡のような光沢を抑えて、より色の濃さを表現したピアノブラックのような光沢に仕上がります。

また黒系のカラーはボディー表面の微細な洗車キズなども目立ちやすい傾向がありますので、DCCプラチナクラスよりも表面硬度が硬くなるように液体ガラスの純度を濃くしています。

その為により硬質で深みのある黒色に仕上がり、表面のキズも付きにくくなります

徹底した技術資格と施工環境のこだわり

徹底した技術資格と施工環境のこだわり

DCC プラチナブラッククラスの一連の施工方法は高いレベルが求められ、メーカーが規定する高い施工技術と品質を安定してユーザーに提供出来ると認められたショップにの み、施工が認定されます。正規認定ショップになるためには「DCCプラチナブラック認定施工技術者」の資格取得と「施工環境の整備」検査が行われます。

DCCプラチナブラックの取り扱いには高度な施工ノウハウが必要となり「D-CRYSTAL COAT施工技術者認定制度」によるメーカーの技術者認定試験を必ず受けています。
その後も定期的に行われる厳しい認定試験に合格しなれば「DCC プラチナブラック認定施工技術者」として施工が許されないのです。

「施工環境の整備」検査に関しても非常に厳しく、塵やゴミが入らないブース設備や、蛍光灯の照明だけでは発見できないような塗装面の小さなキズも見逃さない特殊な照明の設置など、厳密な環境設備が条件となっています。
そのこだわりこそが他のコーティングには絶対に真似の出来ない別格の仕上がりを生み出すのです。

当店は日本を代表するDCC正規施工店として「DCC STORY JAPAN」の称号をいただいています。DCCプラチナブラックに関して特別なノウハウと技術を兼ね備えておりますので大切なお車を安心してお任せいただければと思います。

シリアルナンバーで顧客管理

シリアルナンバーで顧客管理

自 動車メーカーにより車の塗装の種類や特性が異なりますがDCCプラチナブラッククラスは各自動車メーカーの車種別専用に作られた専用モデルDCCプラチナブラック を取り揃えています。塗装の特性に合わせたコーティング剤を使用することでコーティングパフォーマンスだけではなくクォリティをも最大限に表現することが 可能となります。

お客様のお車に使用したDCCプラチナブラック専用モデルはすべてシリアルナンバーで管理しており、施工年月日や車種などの情報をメーカーで保存することで保証と品質の管理に努めております。

施工ギャラリーはこちら
ご相談・お問い合わせ