ホーム>スタッフブログ>C-HR DCC施工

C-HR DCC施工

「TOYOTA C-HR HYBRID G」 DCC Platinam Class の完成です!

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

もう完全に梅雨も明けたかと思うほどの晴天が続いておりますが

 

 

くれぐれも体調管理にだけはご注意下さいねcoldsweats01

 

 

 

 

 

そんな中で「TOYOTA C-HR HYBRID G」

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ”クラスがようやく完成いたしましたのでご紹介いたしましょうsign01

 

 

 

 

真新しい新車が手を加えるほどに輝きを増しながらup

 

 

DCCの極厚層クリスタルコーティングバリアの効果で

 

 

ボディー全体がヌメヌメテロテロ状態の光沢に進化してますよぉ~carshine

 

 

 

 

 

塗装の塗り肌がちょっと粗めのボディーコンデションでしたが

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけて塗装の光沢を引き出し

 

 

コーティング施工をさせていただいておりますので一味も二味も仕上がりが違いますよflair

 

 

 

 

 

 ではでは昨日までの入庫してからのブログで塗装状態や光沢具合をよ~く見比べながら

 

 

どのようにボディーが進化したのかじっくりとご覧くださいsearch

 

 

2017715175726.JPG

2017715175751.JPG

 

2017715175818.JPG

2017715175917.JPG

2017715175851.JPG

2017715175941.JPG

20177151805.JPG

201771518030.JPG

201771518059.JPG

201771518123.JPG

201771518145.JPG

20177151829.JPG

201771518231.JPG

201771518254.JPG

201771518316.JPG

 

 

 

まるでクリアー塗装をぽってりと塗り直ししたかのような厚み感のある光沢が

 

 

これらの画像だけでも十分に感じていただけるのではないでしょうかflair

 

 

 

 

 

ヌメヌメヌメ~♪っとした厚み感のある光沢ボディーに生まれ変わりましたねcarshine

 

 

 

 

 

巷に溢れるそんじゃそこらのカーコーティングと比較しますと40~50倍以上も厚さのある

 

 

クリスタル状のコーティングバリアが塗装すべてを包み込んでおりますflair

 

 

 

 

 

 

いつも申し上げておりますがカープロテクト徳島こだわりの肌調整仕上げと

 

 

DCCの本当に分厚いコーティング層との相乗効果によって生まれた別格の光沢ですよsign03

 

 

 

 

 

一時的に雨や水が撥水するだけのなんちゃってコーティングでは

 

 

この異様なまでの別格の輝きは実現しないのですdash

 

 

 

 

 

ハイレベルな下地調整技術とDCCのコラボによって生み出された

 

 

本物のカーコーテングの仕上がりなのですよぉ~up

 

 

 

 

 

 

 

また今回の施工によって形成された厚みのあるコーティングバリアが塗装をガッチリと保護して

 

 

コイン洗車機で洗車をしていただいても塗装が痛んでしまうことがありませんgood

 

 

 

 

それがDCCの強さの証明でもありますsign03

 

 

 

 

 

皆さんなら一時的にただ雨や水を撥水するだけのなんちゃってコーティングと

 

 

分厚いクリスタルバリアで塗装をガッチリ保護してくれる最強コーティングのどちらを選択されますかsign02

 

 

 

 

 

本当に効果のある本物のコーティングをお求めの方はぜひDCCをお選び下さいnote

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

「TOYOTA C-HR HYBRID G」の肌調整が出来ました。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

さて今日からいよいよ3連休がスタートしましたが

 

 

この猛暑の中で皆さんはどのようにお過ごしでしょうかcoldsweats01

 

 

 

 

そんな中で「TOYOTA C-HR HYBRID G」

 

 

肌調整がバッチリ出来上がりましたので皆さまにご紹介させていただきましょうsign01

 

 

 

 

 

 

いつものように少し粗めの塗装表面を調整しながら

 

 

光沢アップを重視した工程でじっくりとモヤモヤお肌を整えておりますので

 

 

透明感のあるキメ細かいスベスベのパールカラーに生まれ変わっておりますよぉ~note

 

 

 

 

 

これだけでも昨日までの真新しい新車の状態とは比較にならない

 

 

新車以上の新車の光沢をした鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

 

入庫した時の詳しい塗装の状態については

 

 

そのまんま画面を下へ下へスクロールしていただいて昨日のブログをご覧になって下さいcoldsweats01

 

 

 

 

 

この度は平成29年7月登録のピッチピチの新車でございましたが

 

 

いつものごとく塗装のお肌のモヤモヤがかなり目に付く状態でしたsearch

 

 

 

 

 

これは毎度毎度の事ながら口を酸っぱくしてお伝えしております

 

 

低コストの水性塗料を使用している国産車の塗装の大きな短所なんですねsweat02

 

 

 

 

 

 

数年前より国産車メーカー全車の塗装に採用しております水性塗料の関係で

 

 

簡単温風乾燥仕上げとなる為にどうしてもこんな風に塗装の肌質が粗くなってしまうようですdash

 

 

 

 

 

新車の塗装は100%の仕上がりだと思っておられる方がほとんどかと思われますが

 

 

実は70~80%ほどの仕上がりでしかないということを覚えておいてくださいませsecret

 

 

 

 

 

そのような国産車の塗装の短所や塗装コンデションを良いものにする為に

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけておりますのでご安心いただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

 

それでは最大限にまで塗装の光沢を引き出したホワイトパールクリスタルシャイン

 

 

貴賓溢れるボディーの輝き具合をじっくりと感じ取ってくださいcrownshine

 

 

2017715173334.JPG

2017715172524.JPG

2017715172551.JPG

2017715172622.JPG

2017715172647.JPG

201771517277.JPG

2017715172729.JPG

2017715172754.JPG

2017715172814.JPG

2017715172839.JPG

 

2017715172935.JPG

201771517297.JPG

2017715172959.JPG

 

 

 

光沢アップ重視の塗装表面の肌調整により光沢が増し

 

 

パールの粒子が浮かび上がった様子がお分かりいただけますでしょうかshine

 

 

 

 

施工前の塗り肌(ゆず肌)の強かった塗装表面を少しずつ緻密に整える工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただきましたup

 

 

 

 

 

塗装表面の光沢が増したことに

 

 

特徴的なボディーラインが鮮明に浮かび上がっているでしょうnote

 

 

 

 

 

ボディーラインに合わせて光沢に強弱をつけることで

 

 

きれいなボディーデザインを強調して表現をしておりますgood

 

 

 

 

 

いくらDCCのような分厚いクリスタル層を生み出すことが出来る次世代コーティングでも

 

 

洗車したでけのボディーに塗っただけで光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

 

ましてや安価なコーティング専門店やディーラーさんのおまけコーティングのように

 

 

コーティングを塗って拭き取るだけのでなんちゃってコーティングなんかは論外でございますsweat01

 

 

 

 

今回のように塗装の特性や車のデザインなどを考慮しながら

 

 

カーコーティングの重要なベース下地となる塗装の肌調整をきっちりと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を十分に引き出してこそ

 

 

本当の意味での最高の仕上がりになるというのをご理解いただきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 

 

 

コーティングに馴染みのない方はどうしても価格や宣伝文句だけで判断しがちですが

 

 

その時だけのパッと見が良ければいいのではないのですng

 

 

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術によって

 

 

1年後も2年後も…そして10年後も満足していただける本物のコーティングだと考えておりますnotes

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「TOYOTA C-HR HYBRID G」の入庫です。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島!ですsun

 

 

 

 

今日はいきなり真夏がやって来たかのような1日でしたが

 

 

あとは梅雨明けも発表を待つばかりとう感じですねcoldsweats01

 

 

 

 

 

 

そんな中でまた新たなお車をお預かりしておりますので

 

 

皆さまにご紹介させていただきましょうnote

 

 

2017714164156.JPG

 

 

 

またまた先々週に引き続きまして

 

 

「TOYOTA C-HR HYBRID G」をお預かりいたしましたsign01

 

 

 

 

 

もう街でもよく目にするようになりまして

 

 

恐らくかなりの台数が販売されて納車されてきているんでしょうねdash

 

 

 

 

 

コンパクトSUV車は他にもありますが

 

 

その近未来的なデザインによるイカツサが好評のようですよflair

 

 

 

 

 

当店としましても今回で3台目に入庫となり

 

 

塗装の特性や施工方法を見極めておりますのでドンドンご依頼くださいませsign01

 

 

 

 

 

さて今回も数ヶ月前よりオーナーさまと綿密な打ち合わせを繰り返しまして

 

 

納車前の新車をディーラーさまより持ち込んでいただきましたnewshine

 

 

 

 

今回もオーナー様のご期待添えるように

 

 

精一杯に仕事をさせていただきますので完成までしばらくお待ちくださいませheart02

 

 

 

 

 

ではさっそくですが気になる塗装状態からご紹介していきましょうsearch

 

2017714163849.JPG

2017714163912.JPG

2017714163933.JPG

 

 

 

今回は先ほどご紹介しましたように平成29年7月登録の正真正銘の新車になりますcarshine

 

 

 

 

ボディーカラーはトヨタ車では人気の”ホワイトパールクリスタルシャイン”ですねfullmoonshine

 

 

 

 

 

独特のデザインと流線形が上手く融合されたボディーの

 

 

気になる塗装状態に目を移しますとsearch

 

 

 

 

 

いつものことながら塗装のお肌のモヤモヤが気になるところですsweat02

 

 

 

 

 

きれいなパールカラーではございますが

 

 

パール特有のキラキラした粒子がモヤモヤした塗装によってほとんど見えましぇんよng

 

 

 

 

 

特殊な照明の光がボディーに映り込んでいる様子や

 

 

反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけると思いますsearch

 


 

 

 

 

今回のようなパールホワイト系のカラーは塗装工程が多く

 

 

どうしても塗り肌が粗くなる傾向がございますので注意が必要となりますdanger

 

 

 

 

 

元々の塗料は各国産メーカーとも同じ塗料を採用しているのでが

 

 

メーカーそれぞれに塗装ロボットの仕様や性能が違ったりすることで

 

 

塗装の仕上がり具合にはいろんな特徴がどうして出てきますsweat01

 

 

 

 

 

またメーカーによって塗料に独自の配合を加えたりするので

 

 

塗装の塗り肌や光沢にも大きな差があるのですsecret

 

 

 

 

 

ただ共通して云えることは水性塗料が採用されている近年の国産車の塗装は

 

 

一昔前の塗装と比べると薄くて弱くなっているというのを十分に認識しておいてくださいねsweat02

 

 

 

 

 

 

しかし技術の進化によって故障が少なく燃費も年々良くなる国産車ですが

 

 

肝心なボディーの塗装が弱いとなれば意味がありませんng

 

 

 

 

 

そうならない為にもきっちりとした肌調整で塗装の短所を修正出来る技術と

 

 

分厚い強固なコーティングバリアが形成出来るDCCのような本物のコーティングが必要となってくるのですok

 

 

 

2017714163624.JPG

2017714163654.JPG

2017714163716.JPG

2017714163738.JPG

 

 

 

さてさてボリュームたっぷりのプレスラインをしたボディー側面部分も

 

 

これまた同じように水性塗料の短所とされる粗い塗り肌のモヤモヤ感がかなり出ておりますsearch

 

 

 

 

 

照明の映り込みなど見ていただいてお分かりのように鮮明さがないでしょうdown

 

 

 

 

 

先ほどのお話のように塗装の特性は国産車メーカーによってそれぞれ異なりますが

 

 

また1台1台それぞれの塗装仕上がりにも個体差が生じることがよくありますsecret

 

 

 

 

 

塗装というのはその日のお天気や気温や湿度によって仕上がりが変わる生き物ですから

 

 

大量生産される新車だからと言ってもすべて同じ品質に造られている分けではないんですよflair

 

 

 

 

 

 

そのような塗装の個体差を修正する為にカープロテクト徳島では

 

 

塗装の仕上がりやコンディションに応じた塗装表面の肌調整に

 

 

じっくり時間をかけておりますのでご安心してお任せいただければと思いますcarshine

 

 

 

 

 

 

では今回も他では絶対に真似の出来ない輝きをしたお車に仕上げていきますので

 

 

またお時間がございましたら最後までお付き合い下さいませdeliciousnote

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

「TOYOTA C-HR HYBRID G」 DCC Platinam Class の完成です!

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

昨日から本当に蒸し暑い天候が続いておりますが

 

 

どうやら台風が近づいているようですねtyphoon

 

 

 

明日にはかなり荒れたお天気になるようなのでくれぐれもご注意下さいませdanger

 

 

 

 

 

そんな中で「TOYOTA C-HR HYBRID G」

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ”クラスがようやく完成いたしましたのでご紹介いたしましょうsign01

 

 

 

 

 

私がお休みをいただいていた関係でご紹介が遅れしまいましたが

 

 

DCCの極厚層クリスタルコーティングバリアの効果で

 

 

ボディー全体がヌメヌメ状態の光沢に進化してますよぉ~shine

 

 

 

 

 

塗装の塗り肌がちょっと粗めのボディーコンデションでしたが

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけて塗装の光沢を引き出し

 

 

コーティング施工をさせていただいておりますので一味も二味も仕上がりが違いますdeliciousnotes

 

 

 

 

 

 ではでは施工前のブログで塗装状態や光沢具合をよ~く見比べながらながら

 

 

どのようにボディーが進化したのかじっくりとご覧くださいsearch

 

201773162511.JPG

201773162537.JPG

20177316327.JPG

20177316263.JPG

201773162635.JPG

20177316271.JPG

201773162727.JPG

201773162751.JPG

201773162813.JPG

201773162838.JPG

20177316290.JPG

201773162929.JPG

201773162957.JPG

201773163021.JPG

201773163045.JPG

20177316319.JPG

201773163131.JPG

 

 

 

まるで塗装をぽってりと塗り直ししたかのような厚み感のある光沢が

 

 

これらの画像だけでも十分に感じていただけるのではないでしょうかflair

 

 

 

 

 

ヌメヌメヌメ~♪っとした厚み感のある光沢ボディーに生まれ変わりましたねcarshine

 

 

 

 

 

巷に溢れるそんじゃそこらのカーコーティングと比較しますと40~50倍以上も厚さのある

 

 

クリスタル状のコーティングバリアが塗装すべてを包み込んでおりますflair

 

 

 

 

 

 

いつも申し上げておりますがカープロテクト徳島こだわりの肌調整仕上げと

 

 

DCCの本当に分厚いコーティング層との相乗効果によって生まれた別格の光沢ですよsign03

 

 

 

 

 

一時的に雨や水が撥水するだけのなんちゃってコーティングでは

 

 

この異様なまでの別格の輝きは実現しないのですdash

 

 

 

 

 

ハイレベルな下地調整技術とDCCのコラボによって生み出された

 

 

本物のカーコーテングの仕上がりなのですよぉ~up

 

 

 

 

 

 

 

また今回の施工によって形成された厚みのあるコーティングバリアが塗装をガッチリと保護して

 

 

コイン洗車機で洗車をしていただいても塗装が痛んでしまうことがありませんgood

 

 

 

 

それがDCCの強さの証明でもありますsign03

 

 

 

 

 

皆さんなら一時的にただ雨や水を撥水するだけのなんちゃってコーティングと

 

 

分厚いクリスタルバリアで塗装をガッチリ保護してくれる最強コーティングのどちらを選択されますかsign02

 

 

 

 

 

本当に効果のある本物のコーティングをお求めの方はぜひDCCをお選び下さいnote

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

「TOYOTA C-HR HYBRID G」の肌調整が出来ました。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

 

さて今日からいよいよ7月がスタートしましたが

 

 

またあの酷暑の夏が近づいて来ていると思うとゾッとしますしますよねshock

 

 

 

 

そんな中で「TOYOTA C-HR HYBRID G」

 

 

肌調整がバッチリ出来上がりましたので皆さまにご紹介させていただきましょうsign01

 

 

 

 

 

 

いつものように少し粗めの塗装表面を調整しながら

 

 

光沢アップを重視した工程でじっくりとモヤモヤお肌を整えておりますので

 

 

透明感のあるキメ細かいスベスベのパールカラーに生まれ変わっておりますよぉ~note

 

 

 

 

 

これだけでも昨日までの真新しい新車の状態とは比較にならない

 

 

新車以上の新車の光沢をした鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

 

入庫した時の詳しい塗装の状態については

 

 

そのまんま画面を下へ下へスクロールしていただいて昨日のブログをご覧になって下さいcoldsweats01

 

 

 

 

 

この度は平成29年6月登録のピッチピチの新車でございましたが

 

 

いつものごとく塗装のお肌のモヤモヤがかなり目に付く状態でしたsearch

 

 

 

 

 

これは毎度毎度の事ながら口を酸っぱくしてお伝えしております

 

 

低コストの水性塗料を使用している国産車の塗装の大きな短所なんですねsweat02

 

 

 

 

 

 

数年前より国産車メーカー全車の塗装に採用しております水性塗料の関係で

 

 

簡単温風乾燥仕上げとなる為にどうしてもこんな風に塗装の肌質が粗くなってしまうようですdash

 

 

 

 

 

新車の塗装は100%の仕上がりだと思っておられる方がほとんどかと思われますが

 

 

実は70~80%ほどの仕上がりでしかないということを覚えておいてくださいませsecret

 

 

 

 

 

そのような国産車の塗装の短所や塗装コンデションを良いものにする為に

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけておりますのでご安心いただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

 

それでは最大限にまで塗装の光沢を引き出したホワイトパールクリスタルシャイン

 

 

貴賓溢れるボディーの輝き具合をじっくりと感じ取ってくださいcrownshine

 

20177116713.JPG

201771161222.JPG

 

20177116743.JPG

2017711686.JPG

20177116832.JPG

20177116857.JPG

20177116919.JPG

20177116941.JPG

20177116106.JPG

201771161029.JPG

201771161058.JPG

201771161121.JPG

201771161145.JPG

 

 

 

より塗装の光沢が増しパールの粒子が浮かび上がった様子がお分かりいただけますでしょうかshine

 

 

 

 

施工前の塗り肌(ゆず肌)の強かった塗装表面を少しずつ緻密に整える工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただきましたup

 

 

 

 

 

塗装表面の光沢が増したことに

 

 

特徴的なボディーラインが鮮明に浮かび上がっているでしょうnote

 

 

 

 

 

ボディーラインに合わせて光沢に強弱をつけることで

 

 

きれいなボディーデザインを強調して表現をしておりますgood

 

 

 

 

 

いくらDCCのような分厚いクリスタル層を生み出すことが出来る次世代コーティングでも

 

 

洗車したでけのボディーに塗っただけで光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

 

ましてや安価なコーティング専門店やディーラーさんのおまけコーティングのように

 

 

コーティングを塗って拭き取るだけのでなんちゃってコーティングなんかは論外でございますsweat01

 

 

 

 

今回のように塗装の特性や車のデザインなどを考慮しながら

 

 

カーコーティングの重要なベース下地となる塗装の肌調整をきっちりと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を十分に引き出してこそ

 

 

本当の意味での最高の仕上がりになるというのをご理解いただきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 

 

 

コーティングに馴染みのない方はどうしても価格や宣伝文句だけで判断しがちですが

 

 

その時だけのパッと見が良ければいいのではないのですng

 

 

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術によって

 

 

1年後も2年後も…そして10年後も満足していただける本物のコーティングだと考えておりますnotes

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「TOYOTA C-HR HYBRID G」の入庫です。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島!ですsun

 

 

 

 

 

夕方になり昨日より降り続いた雨もようやく上がり何よりという感じですがcoldsweats01

 

 

そんな中でまた新たなお車をお預かりしておりますので

 

 

皆さまにご紹介させていただきましょうnote

 

 

 

2017630172554.JPG

 

 

「TOYOTA C-HR HYBRID G」のをお預かりいたしましたsign01

 

 

 

その独自性の高いスタイルで圧倒的な存在感を放つコンパクトSUVとして

 

 

新たな歴史が生み出されてようとしておりますshine

 

 

 

 

 

衝撃的なデビューからちょうど半年が過ぎて

 

 

かなり売れまくっているようですよぉ~up

 

 

 

 

コンパクトSUV社は他にもありますがその近未来的なデザインが好評のようですねflair

 

 

 

 

 

それはさて置きまして今回もオーナーさまとの綿密な打ち合わせによって

 

 

つい数日前に納車されたばかりの新車をタイミング良くお預かりいたしましたnewshine

 

 

 

 

 

まだ十分に新車の雰囲気を味合わっていないにもかかわらず

 

 

早々にご入庫いただきまして本当にありがとうございますcoldsweats01

 

 

 

 

今回もオーナー様のご期待添えるように

 

 

精一杯に仕事をさせていただきますので完成までしばらくお待ちくださいませheart02

 

 

 

 

 

ではさっそくですが気になる塗装状態からご紹介していきましょうsearch

 

2017630171335.JPG

201763017147.JPG

2017630171437.JPG

 

 

今回は先ほどご紹介しましたように平成29年6月登録のお車になりますflair

 

 

 

ボディーカラーはトヨタ車では人気の”ホワイトパールクリスタルシャイン”ですねfullmoonshine

 

 

 

 

 

丸みと流線形が上手く融合された特徴的なボディーの

 

 

気になる塗装状態に目を移しますとsearch

 

 

 

 

 

いつものことながら塗装のお肌のモヤモヤが気になるところですsweat02

 

 

 

 

 

きれいなパールカラーではございますが

 

 

パール特有のキラキラした粒子がモヤモヤした塗装によってほとんどみえましぇんng

 

 

 

 

 

 

これはいくら新しいお車といえども安心することが出来ない

 

 

水性塗料を使用している日本車特有の大きな短所なのですsecret

 

 

 

 

 

 

特殊な照明の光がボディーに映り込んでいる様子や

 

 

反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけると思いますsearch

 


 

 

 

 

今回のようなパールホワイト系のカラーは塗装工程が多く

 

 

どうしても塗り肌が粗くなる傾向がございますので注意が必要となりますdanger

 

 

 

 

 

 

元々の塗料は各国産メーカーとも同じ塗料を採用しているのでが

 

 

メーカーそれぞれに塗装ロボットの仕様や性能が違ったりすることで

 

 

塗装の仕上がり具合にはいろんな特徴がどうして出てきますsweat01

 

 

 

 

 

またメーカーによって塗料に独自の配合を加えたりするので

 

 

塗装の塗り肌や光沢にも大きな差があるのですsecret

 

 

 

 

 

ただ共通して云えることは水性塗料が採用されている近年の国産車の塗装は

 

 

一昔前の塗装と比べると薄くて弱くなっているというのを十分に認識しておいてくださいねsweat02

 

 

 

 

 

 

しかし技術の進化によって故障が少なく燃費も年々良くなる国産車ですが

 

 

肝心なボディーの塗装が弱いとなれば意味がありませんng

 

 

 

 

 

そうならない為にもきっちりとした肌調整で塗装の短所を修正出来る技術と

 

 

分厚い強固なコーティングバリアが形成出来るDCCのような本物のコーティングが必要となってくるのですok

 

 

 

 

2017630171935.JPG

201763017204.JPG

2017630172031.JPG

201763017212.JPG

 

 

 

さてさてボリュームたっぷりのラインが目を惹くボディー側面部分も

 

 

これまた同じように水性塗料の短所とされる粗い塗り肌のモヤモヤ感がかなり出ておりますsearch

 

 

 

 

 

照明の映り込みなど見ていただいてお分かりのように鮮明さがないでしょうdown

 

 

 

 

 

先ほどのお話のように塗装の特性は国産車メーカーによってそれぞれ異なりますが

 

 

また1台1台それぞれの塗装仕上がりにも個体差が生じることがよくありますsecret

 

 

 

 

 

塗装というのはその日のお天気や気温や湿度によって仕上がりが変わる生き物ですから

 

 

大量生産される新車だからと言ってもすべて同じ品質に造られている分けではないんですよflair

 

 

 

 

 

 

そのような塗装の個体差を修正する為にカープロテクト徳島では

 

 

塗装の仕上がりやコンディションに応じた塗装表面の肌調整に

 

 

じっくり時間をかけておりますのでご安心してお任せいただければと思いますcarshine

 

 

 

 

 

 

では今回も他では絶対に真似の出来ない輝きをしたお車に仕上げていきますので

 

 

またお時間がございましたら最後までお付き合い下さいませdeliciousnote

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

「TOYOTA C-HR G-T」 DCC Platinam Black Class の完成です!   徳島 ガラスコーティング

 

 

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

ープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

今日はハッキリしない異様なお天気の一日でしたが「TOYOTA C-HR G-T」

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ Black”クラスの施工がバッチリと完成しましたのご紹介させていただきましょうnote

 

 

 

 

 

 

ボディー全体に形成された極厚層コーティングバリアの効果によって

 

 

ヌメヌメ~っとした重厚感のある光沢に仕上がっておりますsign01

 

 

 

 

 

今回は“ブラックマイカメタリック”というコーティング施工には

 

 

難易度の高いカラーのお車でしたがsweat01

 

 

 

カープロテクト徳島では数多くの施工実績がございますので何も心配はございませんdash

 

 

 

ご安心してお任せいただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

では当店が自信をもってご紹介するDCCプラチナブラックの輝きを じ~っくりとご覧いただきましょうshine

 

 

巷に溢れる普通のコーティングとの仕上がりの違いを皆さまの目で感じ取ってくださいheart02

 

 

2017217165530.JPG

20172171724.JPG

2017217165551.JPG

2017217165613.JPG

2017217165634.JPG

2017217165654.JPG

2017217165714.JPG

2017217165734.JPG

2017217165755.JPG

2017217165814.JPG


2017217165837.JPG

2017217165911.JPG

2017217165932.JPG

2017217165951.JPG

20172171709.JPG

201721717029.JPG

201721717052.JPG

201721717116.JPG

201721717135.JPG
 

 

 

このまるで塗装をもう一度厚塗りしたかのような

 

 

厚み感のある今にもとろけてしまいそうなブラックメタリックの光沢がお分かりいただけるでしょうかlovely

 

 

 

 

 

これは本当に目に見えるほど厚さのあるDCCプラチナブラックのコーティングバリアが

 

 

完全な層となって塗装表面を包み込んでいるからですよsign03

 

 

 

 

 

ただの雨や水を撥水させるだけのコーティングとは違って

 

 

カーボディーマニキュアコーティングと呼ばれる由縁がここにあるのですsecret

 

 

 

 

 

純度の非常に濃い液体ガラスが主成分となるDCCプラチナブラック

 

 

特殊な独特の施工方法によってこれだけの光沢を生み出すことが出来るのですflair

 

 

 

 

 

車の塗装を紫外線やキズ付きなどからも保護してくれるだけではなく

 

 

その見た目までグレードアップするのですからこんな良いことはないでしょうcrownshine

 

 

 

 

 

もちろんですが硬くて分厚いコーティングバリアの効果で洗車機の使用もOKですgood

 

 

 

 

それがそんじゃそこらの普通のコーティングには絶対に真似の出来ない

 

 

最強コーティングの自信の表れでございますsign03

 

 

 

 

 

もっと詳しい質問についてはいつでもお気軽にお問い合わせ下さいtelephone

 

 

 

 

 

コーティングと一言でいいましてもピンからキリまでございますが

 

 

本当に効果があって本物のコーティングとはどのような物なのかをよ~く見極めて下さいねnote

 

 

 

 

 本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「TOYOTA C-HR G-T」の肌調整が出来ました。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

先日の私のちょっとした手違いによりお車のご紹介が前後してしまいましたがsweat01

 

 

 

「TOYOTA C-HR G-T」

 

 

肌調整が無事に出来上がりましたのでご紹介させていただきますsign01

 

 

 

 

 

塗装の光沢アップを重視した工程でみっちりとモヤモヤお肌を整えておりますので

 

 

透明感のあるキメ細かいスベスベのお肌に生まれ変わりましたよnote

 

 

 

 

 

一般的に肌調整の難易度が高いとされる塗装ではございますが

 

 

誰が見ても違いの分かる光沢の鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

ちなみに入庫時はこのような塗装状態でしたsearch

 

2017214172758.JPG

2017214172819.JPG

2017214172555.JPG

2017214172621.JPG

2017214172639.JPG

 

 

 

先日もご紹介しましたように平成29年2月登録のチャキチャキの新車でしたnewshine

 

 

 

ボディーカラーは”ブラックマイカ”という人気のブラックメタリックカラーになっておりますsweat01

 

 

 

 

 

いつものように高光度の特殊な照明の映り込み具合をよ~く見ていただくと

 

 

塗装のお肌のモヤモヤした感じがかなり気になりませんかsign02

 

 

 

 

 

もうこれはいくら真新しい新車といえどもこれは避けて通ることの出来ない

 

 

水性塗料を使用している国産車の塗装仕上がりの大きな短所となりますsweat02

 

 

 

 

照明の光の反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけるでしょうかsearch

 

 

 

 

 

まだボンネット中央部にはキズの修正か何かを行ったような形跡が見られましてdown

 

 

 

ポリッシャーによる機械キズにより微細なキズが入りクモリが出ておりましたng

 

 

 

 

 

近年の国産車のボディーの塗装は環境保護という名目で

 

 

水性タイプの塗料が使用されておりますので注意が必要ですdanger

 

 

 

 

 

 

7~8年前より国産車メーカーがボディーの塗装に採用しております水性塗料は

 

 

温風乾燥仕上げとなる為にどうしてもこんな風に肌質が粗くなってしまうようですねsecret

 

 

 

 

 

いろんなカラフルなカラーバリエーションが増えたことで誤魔化されがちですが

 

 

塗装そのものの耐久性や厚さや仕上がりなんかは一昔前よりも下降しているということを知っておいて下さいdown

 

 

 

 

 

その為にも分厚くて硬い強固なコーティングバリアで本当に塗装を保護出来る

 

 

DCCのような完全硬化型の本格的なコーティングがだんだんと注目されているんですよdeliciousnotes

 

 

 

 

 

巷に溢れる雨や水を一時的に撥水するだけのなんちゃってコーティングでは

 

 

本当に塗装を守ることは出来ないということをよ~く知っておいて下さいng

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島では本物の仕上がりを表現する為に真新しい新車と云えども

 

 

じっくり丁寧に肌調整に時間をかけて最高の状態に仕上げさせていただいておりますので

 

 

どのようなお車でもご安心してお任せいただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

それでは最大限にまで光沢を引き出したブラックメタリックの

 

 

重厚感溢れるボディーの輝き具合をじっくりと感じ取ってくださいませcrownshine

 

 

20172161872.JPG

2017216181238.JPG

201721618729.JPG

201721618754.JPG

201721618815.JPG

201721618843.JPG

20172161892.JPG

201721618924.JPG

201721618956.JPG

2017216181022.JPG

2017216181042.JPG

201721618110.JPG

2017216181127.JPG

2017216181149.JPG

201721618128.JPG
 

 

 

 

施工前の塗り肌(ゆず肌)の強かった塗装表面を少しずつ緻密に整える工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただいておりますshine

 

 

 

 

 

塗装表面にしっとりと濡れたような透明感が生まれ

 

 

まるで高級なピアノのような光沢に仕上がっているでしょうup

 

 

 

 

 

いくらDCCのようなハイレベルな次世代ハイブリッドコーティングでも

 

 

ただボディーに塗ったそれだけで光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

このようにコーティングのベース下地となる塗装の肌調整をきちんと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を引き出してこそ

 

 

本当の意味での最高の仕上がりになるというのをご理解いただきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 

 

 

 

どうしても安価な施工価格だけを求めてコーティングを選びがちですが

 

 

それで果たして満足出来る仕上がりと効果を望めるのでしょうかsign02

 

 

 

 

 

本物の仕上がりの本物のコーティングをお求めの方は価格や宣伝文句だけで判断するのでなはなく

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術にも注目して下さいnotes

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「TOYOTA C-HR G-T」の入庫です。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

今日は修学旅行へ旅立つ娘を

 

 

早朝に学校へ送り届けたが為に超寝不足の一日でしたcatfacesleepy

 

 

 

 

 

そんな中でまたまた新しいお車が入庫しておりますのでご紹介させていただきましょうsign01

 

 

 

2017214173635.JPG

 

 

 

「TOYOTA C-HR G-T」をお預かりいたしましたnote

 

 

 

 

TOYOTAさんから新しく販売開始された

 

 

もう今まさに旬のお車ですよねsign03

 

 

 

 

この近未来的なデザインがなんとも言えず目を惹きますshine

 

 

 

 

 

お車は先週末に納車されたばかりのピッチピチの新車でございますnewshine

 

 

 

 

 

 

かれこれ4台ほどお世話になっておりますオーナー様の息子様のお車でして

 

 

何度も何度もケジュール調整をしながらちょうど良いタイミングでお預かりさせていただきましたflair

 

 

 

 

 

いつもカープロテクト徳島をご愛顧いただきまして誠にありがとうございますheart01

 

 

 

 

今回も新車以上の新車の輝きに仕上げさせていただきますのでしばらくお待ち下さいませsign03

 

 

 

 

 

さっそくDCCハイブリッドシャンプーによる入念な手洗い洗車を済ませたところで

 

 

ちょっと気になる塗装のコンディションをご紹介させていただきたいと思いますdash

 

 

 

2017214172731.JPG

2017214172758.JPG

2017214172819.JPG

 

 

 

冒頭でもご紹介しましたように平成29年2月登録のチャキチャキの新車ですよnewshine

 

 

 

 

 

さてさてボディーカラーは”ブラックマイカ”という人気のブラックメタリックカラーになっておりますsweat01

 

 

 

 

 

いつものように高光度の特殊な照明の映り込み具合をよ~く見ていただくと

 

 

塗装のお肌のモヤモヤした感じがかなり気になりませんかsign02

 

 

 

 

 

もうこれはいくら真新しい新車といえどもこれは避けて通ることの出来ない

 

 

水性塗料を使用している国産車の塗装仕上がりの大きな短所とも云えますsweat02

 

 

 

 

照明の光の反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけるでしょうng

 

 

 

 

 

 

まだボンネット中央部にはキズの修正か何かを行ったような形跡が見られますよdown

 

 

 

ポリッシャーによる機械キズにより微細なキズが入りクモリが出ているのがお分かりいただけるでしょうかsearch

 

 

 

 

 

近年の国産車のボディーの塗装は環境保護という名目で

 

 

水性タイプの塗料が使用されておりますので注意が必要ですdanger

 

 

 

 

 

 

7~8年前より国産車メーカーがボディーの塗装に採用しております水性塗料は

 

 

温風乾燥仕上げとなる為にどうしてもこんな風に肌質が粗くなってしまうようですねsecret

 

 

 

 

 

いろんなカラフルなカラーバリエーションが増えたことで誤魔化されがちですが

 

 

塗装そのものの耐久性や厚さや仕上がりなんかは一昔前よりも下降しているということを知っておいて下さいdown

 

 

 

 

 

その為にも分厚くて硬い強固なコーティングバリアで本当に塗装を保護出来る

 

 

DCCのような完全硬化型の本格的なコーティングがだんだんと注目されているんですよdeliciousnotes

 

 

 

 

 

巷に溢れる雨や水を一時的に撥水するだけのなんちゃってコーティングでは

 

 

本当に塗装を守ることは出来ないということをよ~く知っておいて下さいng

 

 

 

2017214172555.JPG

2017214172621.JPG

2017214172639.JPG

201721417270.JPG

 

 

さてとても複雑でボリュームのあるデザインのボディー側面なども見てみると

 

 

さらに塗装の塗り肌が少し粗めでモヤモヤ感のある様子が確認出来ますねsearch

 

 

 

 

これではせっかくの新車の輝きが半減して見えてしまいますdownwardright

 

 

 

 

 

例え新車と云えども天気や気温に左右される塗装仕上がりには個体差が出てしまいますので

 

 

一台一台異なる塗装の状態を見極めて修正する技術というのが重要になってまいりますsecret

 

 

 

 

カープロテクト徳島ではあらゆる塗装の下地調整には自信をもっておりますsign01

 

 

これまでのノウハウと肌調整技術によりスッキリと解消出来ますのでご安心くださいgood

 

 

 

 

 

 

ではでは少し粗めの塗装の塗り肌(ゆず肌)を少しずつキメ細かく調整しながら光沢を引き出し

 

 

そんじゃそこらにないような別格の黒光りに仕上げていきましょうnote

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>