ホーム>スタッフブログ>ハリアー/ハイラックスサーフ DCC施工>「TOYOTA HARRIER PROGRESS "Metal and Leather Package"」の入庫です。
ハリアー/ハイラックスサーフ DCC施工

「TOYOTA HARRIER PROGRESS "Metal and Leather Package"」の入庫です。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

今日は少し寒さも和らぎ比較的過ごしやすい1日でしたflair

 

 

 

 

 

そんな中でまた新たなお車の入庫がございますので

 

 

皆さまにご紹介させていただきましょうnote

 

 

201829171336.JPG

 

 

「TOYOTA HARRIER PROGRESS “Metal and Leather Package”」をお預かりいたしましたsign01

 

 

 

 

私が昨日お休みをいただいていた関係で

 

 

このような画像しかありませんで申し訳ございませんsweat01

 

 

 

 

 

国産車メーカーから多彩なSUV車はが販売されておりますが

 

 

その中でも近未来的なデザインで人気が高いモデルですよねrvcardash

 

 

 

 

当店としましても入庫率が高いお車となっていることから

 

 

塗装の特性や施工方法を見極めておりますので安心してお任せくださいませgood

 

 

 

 

 

今回もオーナー様のご期待添えるように

 

 

精一杯に仕事をさせていただきますので完成までしばらくお待ちくださいheart02

 

 

 

 

ではさっそくですが気になる塗装状態からご紹介していきましょうsearch

 

20182917056.JPG

 

 

今回は平成29年12月登録のまだまだ真新しい新車になりますcarnew

 

 

 

 

ボディーカラーはトヨタ車では人気の202ブラックというソリッドカラーですよsign01

 

 

 

 

独特のデザインと流線形が上手く融合されたボディーの

 

 

気になる塗装表面の状態に目を移しますと

 

 

いつものことながら塗装のお肌のモヤモヤ感が気になるところですsweat02

 

 

20182917118.JPG

 

 

当店の特殊な照明の光や景色の様子がボディーに映り込んでいる状態や

 

 

反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけでしょうかsearch

 


 

 

 

今回のような濃い色系のカラーは塗装の塗り肌のモヤモヤ加減が

 

 

特に目立ちやすい傾向がございますので注意が必要となりますdanger

 

 

 

 

 

元々の塗料は各国産メーカーとも同じ塗料を採用しているのですが

 

 

メーカーそれぞれに塗装ロボットの仕様や性能が違ったり天候に左右されることから

 

 

塗装の仕上がり具合には1台1台いろんな特徴が出てきてしまうんですsweat01

 

 

 

 

 

ただ共通して云えることは水性塗料が採用されている近年の国産車の塗装は

 

 

一昔前の塗装と比べると薄くて弱くなっているというのを十分に認識しておいてくださいねcoldsweats01

 

 

 

 

しかし技術の進化によって故障が少なく燃費も年々良くなる国産車ですが

 

 

肝心なボディーの塗装の耐久性は下降しているんですよng

 

 

 

 

そのような国産車の塗装のマイナス面を

 

 

きっちりとした肌調整で修正出来る技術と

 

 

分厚い強固なコーティングバリアが形成出来る

 

 

DCCのような完全硬化型のコーティングが必要となってくるのですok

 

 

 

20182917412.JPG

20182917457.JPG

20182917521.JPG

 

 

さてさてボリュームたっぷりのプレスラインをしたボディー側面部分も

 

 

これまた同じように水性塗料の短所とされる粗い塗り肌のモヤモヤ感がかなり出ておりますsearch

 

 

 

 

 

照明の映り込みなど見ていただいてお分かりのように鮮明さがないでしょうdown

 

 

 

 

先ほどのお話のように塗装の特性は国産車メーカーによってそれぞれ異なりますが

 

 

また1台1台それぞれの塗装仕上がりにも個体差が生じることがよくありますsecret

 

 

 

 

 

塗装というのはその日のお天気や気温や湿度によって仕上がりが変わる生き物ですから

 

 

大量生産される新車だからと言ってもすべて同じ品質に造られている分けではないんですよflair

 

 

 

 

 

 

そのような塗装の個体差を修正する為にカープロテクト徳島では

 

 

塗装の仕上がりやコンディションに応じた塗装表面の肌調整に

 

 

じっくり時間をかけておりますのでご安心してお任せいただければと思いますcarshine

 

 

 

 

 

 

では今回も他では絶対に真似の出来ない輝きをしたお車に仕上げていきますので

 

 

またお時間がございましたら最後までお付き合い下さいませdeliciousnote

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9584