ホーム>スタッフブログ>ハリアー/ハイラックスサーフ DCC施工>「TOYOTA HARRIER PROGRESS "Metal and Leather Package"」肌調整の途中経過です。
ハリアー/ハイラックスサーフ DCC施工

「TOYOTA HARRIER PROGRESS "Metal and Leather Package"」肌調整の途中経過です。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですrain

 

 

 

 

今日は久しぶりに雪ではなく雨が降りしきるお天気となっております。sweat01

 

 

 

そんな中で「TOYOTA HARRIER PROGRESS "Metal and Leather Package"」

 

 

肌調整作業にじっくりと取り組んでおりますよぉ~dash

 

 

2018210171436.JPG

2018210171339.JPG

201821017147.JPG

 

 

 

画像だけでは分かりにくいかもしれませんが

 

 

だいぶスッキリと深みのあるブラックの光沢に変化してきましたねcarshine

 

 

 

 

 

ご覧のように真っ黒の202ソリッドブラックカラーでございますが

 

 

重厚感のある雰囲気と共に更なる高級感を十分に感じていただけるのではないでしょうかcrownshine

 

 

 

 

 

もうお忘れかもしれませんので昨日までの肌調整前の塗装状態からご覧くださいsearch

 

20182917056.JPG

20182917412.JPG

20182917457.JPG

20182917521.JPG

 

 

これらの画像は昨日の肌調整を施す前の塗装状態ですが

 

 

塗装表面の微細な洗車キズやクスミが確認出来ましたsearch

 

 

 

 

 

また照明の映り込み具合をよ~く見ていただきますと

 

 

照明の光の映り込みに鮮明さが無いのがお分かりいただけるでしょうsweat02

 

 

 

 

 

 

これは塗装の塗り肌のモヤモヤ加減によるものとなりまして

 

 

 

近年の国産車の塗装は一昔前の高温焼き付け乾燥ではなく

 

 

温風乾燥仕上げとなる為にモヤモヤした塗装表面になってしまうようですねsecret

 

 

 

 

 

国産車の中でも塗装仕上がりには定評のあるトヨタさんではございますが

 

 

このようにして視点を変えてみますといろいろな特性が見えくるのですsearch

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島ではflair

 

 

 

そのような近年の新車の塗装のマイナス面や不具合をカバーするために

 

 

じっくり丁寧に塗装表面の光沢を最大限にまで引き出してから

 

 

分厚くて硬いクリスタルコーティングバリアで保護するという次世代カーコーティングを行っておりますsign01

 

 

 

 

 

 

巷に溢れるそんじゃそこらのコーティングの仕上がりや効果とは

 

 

比較にならない施工を行っておりますので安心してお任せくださいませflair

 

 

 

 

 

ディーラーさんの工場や安価なコーティング専門店で行われております

 

 

ただ洗車だけしたボディーにコーティングを塗って拭き取るだけの簡単施工では

 

 

それなりの効果と仕上がりしか望めませんのでよ~くご注意くいただきたいと思いますng

 

 

 

 

201821017127.JPG

2018210171227.JPG

2018210171252.JPG

 

 

そんなこんなで入念な肌調整も現在進行中となりまして

 

 

ここからは更にナノレベルにまで塗装表面の調整を行いまして鏡面状態の光沢を表現していきますよぉ~shine

 

 

 

 

 

黒系のカラーは特に塗装表面の様子が見えやすい為に

 

 

どのような照明や環境下で見ても最高の光沢に仕上げるのは至難の業となりますが

 

 

 

しかし他では出来ないことを可能に出来るのがカープロテクト徳島でございますsign03

 

 

 

 

 

また納得のいく輝きになりましたら

 

 

明日はそのままの流れでコーティング施工に突入していきましょうnote

 

 

 

 

 

本日もありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9585