ホーム>スタッフブログ>HONDA N-BOX>「HONDA N-BOX G Honda SENSING」DCC Platinam Class の完成です!
HONDA N-BOX

「HONDA N-BOX G Honda SENSING」DCC Platinam Class の完成です!

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

今日は爆弾低気圧の影響により大荒れのお天気でしたが

 

 

そんな中で「HONDA N-BOX G Honda SENSING」

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ”クラスがようやく完成いたしましたのでご紹介いたしましょうsign01

 

 

 

 

 

巷に溢れかえるそんじゃそこらのなんちゃってコーティングでは絶対に真似の出来ない

 

 

目を見張るほどの仕上がりの違いをご覧いただきたいと思いますnote

 

 

 

 

 

極厚層クリスタルコーティングバリアの効果で

 

 

ボディー全体がヌメヌメ状態の”プレミアムイエローパールカラーに進化してますよぉ~shine

 

 

 

 

 

 

塗装の塗り肌がちょっと粗めのボディーコンデションでしたが

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけて塗装の光沢を引き出し

 

 

コーティング施工をさせていただいておりますのでご安心お任せ下さいませdeliciousnotes

 

 

 

 

 

 

昨日までのブログでご紹介しました施工前の塗装状態や光沢具合をよ~く見比べながらながら

 

 

どのようにボディーの輝きが進化したのかじっくりとご覧くださいsearch

 

 

20181917157.JPG

201819171551.JPG

201819172133.JPG

201819171611.JPG

201819171631.JPG

201819171653.JPG

201819171712.JPG

201819171729.JPG

201819171746.JPG

20181917185.JPG

201819171824.JPG

201819171845.JPG

20181917194.JPG

201819171921.JPG

201819171938.JPG

20181917201.JPG

201819172019.JPG

201819172044.JPG

20181917214.JPG

 

 

 

このまるでハチミツをたっぷり垂らしたかのような光沢が

 

 

これらの写真だけでも十分に感じていただけるのではないでしょうかflair

 

 

 

 

 

ヌメヌメトゥルトゥルのしっとりとしたボディーに生まれ変わりましたねcarshine

 

 

 

 

 

 

いつも申し上げておりますがカープロテクト徳島こだわりの肌調整仕上げによる

 

 

ハイレベルな下地づくりとDCCの分厚いコーティング層との相乗効果によって生まれた

 

 

DCCにしか出来ない別格の光沢でございますsign03

 

 

 

 

 

 

どちらかの施工技術やコーティング能力がわずかに欠けても

 

 

この異様なまでの別格の輝きは実現しないのですdash

 

 

 

 

 

 

また今回の施工によって形成された厚みのあるコーティングバリアは

 

 

本物のクリスタルガラスのように紫外線や酸性雨などの影響を受けない性質となりますsecret

 

 

 

 

 

DCCの極厚層コーティングバリアが塗装をガッチリと保護してくれるのですから

 

 

コイン洗車機で洗車をしていただいても塗装が痛んでしまう心配がないんですよgood

 

 

 

 

 

そんなカーコーティングを今までに見たことも聞いたことがないでしょうdash

 

 

 

 

 

コーティング専用という洗浄力の弱いシャンプーを使用しなければならないほど

 

 

柔で耐久性の無いWAXレベルの”なんちゃってコーティング”とng

 

 

 

 

1度の施工でガッチリと塗装を紫外線やキズなどからも守ってくれるコーティングと

 

 

果たして皆さんならどちらを選択されますかok

 

 

 

 

 

 

こんなお車の輝きや本物のコーティングをお探しの方は

 

 

ぜひDCCをお選び下さいnote

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9557