ホーム>スタッフブログ>TOYOTA CAMRY DCC施工>「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」 DCC Platinam Black の完成です!
TOYOTA CAMRY DCC施工

「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」 DCC Platinam Black の完成です!

 

 

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

何かと慌ただしかった3連休の初日が終わろうとしておりますが

 

 

そんな中で「TOYOTA CAMRY HYBRID G MODELLISTA」

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ Black”クラスの施工がバッチリと完成しましたのご紹介させていただきましょうnote

 

 

 

 

 

 

ボディー全体に形成された極厚層コーティングバリアの効果によって

 

 

ヌメヌメ~っとした厚み感のあるボディーの光沢に仕上がっておりますsign01

 

 

 

 

 

今回は”アティチュードブラックマイカ”という真っ黒に近いメタリックとなり

 

 

一般的に非常にコーティング施工の難易度が高いとされるカラーでしたがsweat01

 

 

 

カープロテクト徳島では数多くの施工実績がございますので

 

 

何の問題もなくバッチリと仕上げさせていただいておりますnote

 

 

 

 

 

 

では当店が自信をもってご紹介するDCCプラチナブラックの輝きを じ~っくりとご覧いただきましょうshine

 

 

 

 

 

 

目に見えるほど厚いコーティング層の存在感による

 

 

巷に溢れる普通のコーティングとの仕上がりの違いを皆さまの目で感じ取ってくださいheart02

 

 

2017107171114.JPG

2017107171159.JPG

2017107172154.JPG

2017107171225.JPG

2017107171311.JPG

2017107171335.JPG

201710717141.JPG

2017107171422.JPG

201710717152.JPG

201710717175.JPG

2017107171550.JPG

2017107171528.JPG

2017107171612.JPG

2017107171641.JPG

2017107171816.JPG

201710717191.JPG

2017107171922.JPG

201710717204.JPG

 

 

このまるで塗装をもう一度厚塗りしたかのような

 

 

今にもとろけてしまいそうなブラックメタリックの光沢がお分かりいただけるでしょうかlovely

 

 

 

 

 

 

これは本当に目に見えるほど厚さのあるDCCプラチナブラックのコーティングバリアが

 

 

完全な層となって塗装表面を包み込んでいるからですよsign03

 

 

 

 

 

 

ただの雨や水を撥水させるだけのコーティングとは違って

 

 

カーボディーマニキュアコーティングと呼ばれる由縁がここにあるのですsecret

 

 

 

 

 

 

純度の非常に濃い液体ガラスが主成分となるDCCプラチナブラック

 

 

特殊な独特の施工方法によってこれだけの光沢を生み出すことが出来るんですよflair

 

 

 

 

 

車の塗装を紫外線やキズ付きなどからも保護してくれるだけではなく

 

 

その見た目までグレードアップするのですからこんな良いことはないでしょうcrownshine

 

 

 

 

 

もちろんですが硬くて分厚いコーティングバリアの効果で洗車機の使用もOKですgood

 

 

 

 

 

それがそんじゃそこらの普通のコーティングには絶対に真似の出来ない

 

 

最強コーティングの自信の表れでございますsign03

 

 

 

 

 

もっと詳しい質問についてはいつでもお気軽にお問い合わせ下さいtelephone

 

 

 

 

 

コーティングと一言でいいましてもピンからキリまでございますが

 

 

本当に効果があって本物のコーティングとはどのような物なのかをよ~く見極めて下さいねnote

 

 

 

 

 本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9483