ホーム>スタッフブログ>NISSAN NOTE DCC施工>「NISSAN NOTE e-POWER NISMO」の入庫です。 徳島 ガラスコーティング
NISSAN NOTE DCC施工

「NISSAN NOTE e-POWER NISMO」の入庫です。 徳島 ガラスコーティング

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島!ですsun

 

 

 

 

 

 

今日は朝からドンヨリとした曇り空で

 

 

気分までドンヨリとしてしまいそうですがshock

 

 

 

そんな中でまた新たなお車をお預かりしておりますので

 

 

皆さまにご紹介させていただきましょうnote

 

 

2017516164631.JPG

 

 

「NISSAN NOTE e-POWER NISMO」の入庫でございますsign01

 

 

 

 

 

国産車各社がさまざまな低燃費車を開発して凌ぎを削るなかで

 

 

新しい形の次世代エコカーとして注目されているモデルですよぉ~flair

 

 

 

 

 

 

ガソリンで発電してバッテリーに充電し

 

 

その電力でモーターを回転させて走るという新しいパワートレーンを搭載しておりますdash

 

 

 

 

 

 

今までどの国産車メーカーも実現させなかったのが不思議な技術ですが

 

 

日産自動車がいち早く形にしたことで今後が楽しみになりましたよねwrench

 

 

 

 

 

ハイブリッドカーに押されて元気の無かった日産自動車ですが

 

 

この画期的な先進技術をどんどん進化させて頑張って欲しいと思いますnote

 

 

 

 

 

それはさて置きまして今回もオーナーさまとの綿密な打ち合わせによって

 

 

つい半月ほど前に納車されたばかりの新車をタイミング良くお預かりいたしましたnewshine

 

 

 

 

 

まだ十分に新車の雰囲気を味合わない間に

 

 

早々にご入庫いただきまして本当にありがとうございます<(_ _)>

 

 

 

 

オーナー様のご期待添えるように

 

 

精一杯に仕事をさせていただきますので完成までしばらくお待ちくださいませcoldsweats01

 

 

 

 

 

ではさっそくですが気になる塗装状態からご紹介していきましょうsearch

 

2017516164329.JPG

2017516164121.JPG

2017516164215.JPG

201751616439.JPG

 

 

今回は先ほどご紹介しましたように平成29年4月登録のお車になりますflair

 

 

 

 

 

NISMO仕様のスパルタンなイメージのエクステリアに身を包んだボディーの

 

 

気になる塗装状態に目を移しますとsearch

 

 

 

 

いつものことながら塗装のお肌のモヤモヤが気になるところですsweat02

 

 

 

 

 

”ブリリアントホワイトパール”というきれいなパールカラーですが

 

 

パール特有のキラキラした粒子がモヤモヤしたと塗装によってほとんどみえましぇんng

 

 

 

 

 

これはいくら新しいお車といえども安心することが出来ない

 

 

水性塗料を使用している日本車特有の大きな短所なのですsecret

 

 

 

 

 

特殊な照明の光がボディーに映り込んでいる様子や

 

 

反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけると思いますsearch

 


 

 

 

今回のようなパールホワイト系のカラーは塗装工程が多く

 

 

どうしても塗り肌が粗くなる傾向がございますので注意が必要となりますdanger

 

 

 

 

 

元々の塗料は各国産メーカーとも同じ塗料を採用しているのでが

 

 

メーカーそれぞれに塗装ロボットの仕様や性能が違ったりすることで

 

 

塗装の仕上がり具合にはいろんな特徴がどうして出てきますsweat01

 

 

 

 

またメーカーによって塗料に独自の配合を加えたりするので

 

 

塗装の塗り肌や光沢にも大きな差があるのですsecret

 

 

 

 

 

ただ共通して云えることは水性塗料が採用されている近年の国産車の塗装は

 

 

一昔前の塗装と比べると薄くて弱くなっているというのを十分に認識しておいてくださいねsweat02

 

 

 

 

 

しかし技術の進化によって故障が少なく燃費も年々良くなる国産車ですが

 

 

肝心なボディーの塗装が弱いとなれば意味がありませんng

 

 

 

 

そうならない為にもきっちりとした肌調整で塗装の短所を修正し

 

 

分厚い強固なコーティングバリアで本当に塗装を保護出来るDCCのような本物のコーティングが必要となってくるのですok

 

 

 

2017516163841.JPG

201751616393.JPG

2017516163920.JPG

2017516163936.JPG

2017516163951.JPG

 

 

 

さてさて流線型のきれいなラインが特徴のボディー側面部分も

 

 

これまた同じように水性塗料の短所とされる粗い塗り肌のモヤモヤ感がかなり出ておりますsearch

 

 

 

 

 

照明の映り込みなど見ていただいてお分かりのように鮮明さがないでしょうdown

 

 

 

 

 

先ほどのお話のように塗装の特性は国産車メーカーによってそれぞれ異なりますが

 

 

また1台1台それぞれの塗装仕上がりにも個体差が生じることがよくありますsecret

 

 

 

 

 

塗装というのはその日のお天気や気温や湿度によって仕上がりが変わる生き物ですから

 

 

大量生産される新車だからと言ってもすべて同じ品質に造られている分けではないんですよflair

 

 

 

 

 

そのような塗装の個体差を修正する為にカープロテクト徳島では

 

 

塗装の仕上がりやコンディションに応じた塗装表面の肌調整に

 

 

じっくり時間をかけておりますのでご安心してお任せいただければと思いますcarshine

 

 

 

 

 

では今回も他では絶対に真似の出来ない輝きをしたお車に仕上げていきますので

 

 

またお時間がございましたら最後までお付き合い下さいませdeliciousnote

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9359