ホーム>スタッフブログ>NISSAN NOTE DCC施工>「NISSAN NOTE e-POWER NISMO」 の肌調整が出来ました。  徳島 ガラスコーティング
NISSAN NOTE DCC施工

「NISSAN NOTE e-POWER NISMO」 の肌調整が出来ました。  徳島 ガラスコーティング

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですcloud

 

 

 

 

GWに遊び過ぎた疲れが未だに回復しないことに年齢を感じる今日この頃ですがcoldsweats01

 

 

 

「NISSAN NOTE e-POWER NISMO」

 

 

肌調整がバッチリ出来上がっている様子をご紹介させていただきましょうsign01

 

 

 

 

 

塗装の光沢アップを重視した工程でみっちりとモヤモヤお肌を整えておりますので

 

 

透明感のあるキメ細かいスベスベ状態のパールのお肌に生まれ変わっておりますよnote

 

 

 

 

 

真新しい新車ながらも

 

 

新車以上の新車の光沢をした鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

ちなみに入庫時はこのような塗装状態でしたsearch

 

2017516164329.JPG

2017516164121.JPG

201751616439.JPG

2017516163841.JPG

201751616393.JPG

2017516163936.JPG

2017516163951.JPG

 

この度は平成29年4月登録のチャッキチャキの新車でございましたshine

 

 

 

 

ボディーカラーは人気の”ブリリアントホワイトパールト”という

 

 

きれいなパールカラーですねgood

 

 

 

 

しかし照明の映り込み具合をよ~く見ていただくと塗装のお肌のモヤモヤがかなり気になるでしょうdown

 

 

 

 

これは毎度毎度の事ながらお伝えしております

 

 

低コストの水性塗料を使用している国産車の塗装の大きな短所なのですsweat02

 

 

 

 

 

特に塗装工程の多いパールカラーのお車は

 

 

比較的このような塗り肌が粗めなっておりますので注意が必要ですdanger

 

 

 

 

 

数年前より国産車メーカーが車の塗装に採用しております水性塗料は

 

 

これまた低コストの温風乾燥仕上げとなる為にどうしてもこんな風に肌質が粗くなってしまうようですねsweat01

 

 

 

 

 

新車の塗装は100%の仕上がりだと思っておられる方がほとんどかと思われますが

 

 

実は70~80%ほどの仕上がりでしかないのですsecret

 

 

 

 

 

 

そのような国産車の塗装の短所や塗装コンデションを良いものにする為に

 

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけておりますのでご安心いただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

 

それでは最大限にまで光沢を引き出したブリリアントホワイトパール

 

 

高級感溢れるボディーの輝き具合をじっくりと感じ取ってくださいませcrownshine

 

 

2017517155445.JPG

201751716121.JPG

201751715554.JPG

2017517155527.JPG

2017517155550.JPG

201751715569.JPG

2017517155628.JPG

2017517155648.JPG

201751715576.JPG

2017517155726.JPG

2017517155746.JPG

201751715589.JPG

2017517155830.JPG

2017517155854.JPG

2017517155919.JPG

 

 

 

昨日までの塗り肌(ゆず肌)の粗かった塗装表面を少しずつ緻密に整える工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただいておりますshine

 

 

 

 

 

塗装表面のクリアー層により透明感が生まれ

 

 

緻密なパールの粒子が鮮明に浮かび上がり光沢がかなり増しているのがお分かりいただけるでしょうかsign02

 

 

 

 

 

いくらDCCのようなハイレベルな次世代ハイブリッドコーティングでも

 

 

洗車したボディーに塗っただけで光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

 

ましてやきちんとした肌調整技術もどこえやら

 

 

コーティングを塗って拭き取るだけのでなんちゃってコーティングなんかは対象外ですよsweat01

 

 

 

 

 

このようにコーティングのベース下地となる塗装の肌調整をきちんと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を引き出してこそ

 

 

本当の意味での最高の仕上がりになるというのをご理解いただきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 

 

 

本物のコーティングと仕上がりをお求めの方は価格や宣伝文句だけで判断するのでなはなく

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術にも注目して下さいnotes

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9360