ホーム>スタッフブログ>マツダ車DCC施工>「MAZDA CX-5 XD L-Ppackage」 の肌調整が出来ました。  徳島 ガラスコーティング
マツダ車DCC施工

「MAZDA CX-5 XD L-Ppackage」 の肌調整が出来ました。  徳島 ガラスコーティング

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

さて「MAZDA CX-5 XD L-Ppackage」

 

 

肌調整が無事に出来上がりましたのでご紹介させていただきますsign01

 

 

 

 

 

塗装の光沢アップを重視した工程でみっちりとモヤモヤお肌を整えておりますので

 

 

透明感のあるキメ細かいスベスベのお肌に生まれ変わりましたよnote

 

 

 

 

 

一般的に光沢の表現が難しいカラーではございますが

 

 

誰が見ても違いの分かる光沢の鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

 

ちなみに入庫時はこのような塗装状態でしたsearch

 

201741917135.JPG

2017419171244.JPG

2017419172036.JPG

2017419172057.JPG

2017419172136.JPG

2017419172155.JPG

 

 

この度は平成28年4月登録のちょうど1年ほど経過したお車でございましたcarsweat01

 

 

 

 

ボディーカラーは”ブルーリフレックスマイカ”という

 

 

シルバーに少しブルーを混ぜたきれいなメタリックカラーですねshine

 

 

 

 

照明の映り込み具合をよ~く見ていただくと塗装のお肌のモヤモヤがかなり気になっておりましたsearch

 

 

 

 

 

 

もうこれは毎度毎度のことながらお伝えしております

 

 

低コストの水性塗料を使用している国産車の塗装の大きな短所とも云えますsweat02

 

 

 

 

 

特殊な照明の反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけるでしょうng

 

 

 

特にマツダさんのお車は比較的このような塗り肌が粗めなので注意が必要なのですdanger

 

 

 

 

 

数年前より国産車メーカーがボディーの塗装に採用しております水性塗料は

 

 

温風乾燥仕上げとなる為にどうしてもこんな風に肌質が粗くなってしまうようですねsweat01

 

 

 

 

 

塗料の品質や塗装ロボットの性能によってはかなり軽減出来るのですが

 

 

国産車メーカーそれぞれに塗装仕上がりに差があるのが現状なのですsecret

 

 

 

 

 

そのような国産車の塗装の短所や塗装コンデションを良いものにする為に

 

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけておりますのでご安心いただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

 

それでは最大限にまで光沢を引き出したブルーリフレックスマイカカラー

 

 

貴賓溢れるボディーの輝き具合をじっくりと感じ取ってくださいませcrownshine

 

 

2017420164841.JPG

2017420164439.JPG

201742016451.JPG

2017420164525.JPG

2017420164544.JPG

201742016460.JPG

2017420164618.JPG

2017420164638.JPG

2017420164659.JPG

2017420164716.JPG

2017420164734.JPG

2017420164753.JPG

2017420164811.JPG

 

 

 

 

施工前の塗り肌(ゆず肌)の強かった塗装表面を少しずつ緻密に整える工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただいておりますshine

 

 

 

 

 

塗装表面のクリアー層により透明感が生まれ

 

 

緻密なメタリックの粒子が鮮明に浮かび上がり光沢がかなり増しましたよねup

 

 

 

 

 

いくらDCCのようなハイレベルな次世代ハイブリッドコーティングでも

 

 

ただボディーに塗ったそれだけで光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

 

ましてやきちんとした肌調整すら施すことなく

 

 

コーティングを塗って拭き取るだけのでなんちゃってコーティングが論外ですよsweat01

 

 

 

 

 

このようにコーティングのベース下地となる塗装の肌調整をきちんと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を引き出してこそ

 

 

本当の意味での最高の仕上がりになるというのをご理解いただきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 

 

 

どうしても安価な施工価格だけを求めてコーティングを選びがちですが

 

 

それで果たして本当に満足出来る仕上がりとコーティングの効果を望めるのでしょうかsign02

 

 

 

 

 

本物の仕上がりと本物のコーティングをお求めの方は価格や宣伝文句だけで判断するのでなはなく

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術にも注目して下さいnotes

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9339