ホーム>スタッフブログ>「トヨタ ヴェルファイア」DCC施工>「TOYOTA VELLFIRE Z"G EDITION"」の肌調整が出来ました。   徳島 ガラスコーティング
「トヨタ ヴェルファイア」DCC施工

「TOYOTA VELLFIRE Z"G EDITION"」の肌調整が出来ました。   徳島 ガラスコーティング

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsnow

 

 

 

 

 

今日は徳島県中心部でも雪が舞い散り

 

 

一時はどうなることかと心配しましたがなんとか積ることはなさそうですねcoldsweats01

 

 

 

 

皆さんの地域は大丈夫だったでしょうかsnow

 

 

 

 

 

 

さてそんな雪が舞い散るお天気の中で「TOYOTA VELLFIRE Z"G EDITION"」

 

 

肌調整が無事に出来上がりましたのでご紹介させていただきましょうsign01

 

 

 

 

 

 

塗装の光沢アップを重視した工程でみっちりとモヤモヤお肌を整えておりますので

 

 

透明感のあるスベスベ黒光りをしたお肌に生まれ変わりましたよnote

 

 

 

 

 

真っ黒の塗装ということもなり一般的に難易度の高いカラーではございますが

 

 

誰が見ても違いの分かる光沢の鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

 

ちなみに入庫時はこのような塗装状態でしたsearch

 

201728171721.JPG

20167216612.JPG

201728174141.JPG

201728174239.JPG

 

 

お車は昨年の平成28年10月登録になりますmemopen

 

 

 

ボディーは人気の”トヨタ202ブラック”という真っ黒のソリッドカラーですねsweat01

 

 

 

 

 

しかし従来までの塗装と大きく違う点は”セルフリストアリングコート”という

 

 

塗装表面のキズが復元するという耐スリ傷性クリアー塗装が採用されておりますflair

 

 

 

 

 

これまでも何度かご紹介させていただきましたが

 

 

日産自動車が以前より採用しているスクラッチシールド塗装と同じ性質でございますrecycle

 

 

 

 

 

塗装のトップコートとして使われるクリアー塗料に特殊な樹脂を混合しておりまして

 

 

塗装表面に弾圧性の性質を持たせて表面にキズを付きにくくしたり

 

 

高い温度を加えることで塗装を膨張させてキズを復元させるという夢のような塗装なんですねshine

 

 

 

 

 

まあこれがすべて本当の話ならですが…sweat02

 

 

 

 

普通の塗装より表面に少しだけ弾力がありキズが付きにくいというだけで

 

 

まったくキズが付かないということではありませんsweat01

 

 

 

 

 

当店の特殊な照明を照らしてみますと塗装表面についたキズが復元するはずの塗装なのに

 

 

高光度の照明を照らすと普通に洗車キズが付いているのが確認出来ましたsearch

 

 

 

 

 

また塗装の塗り肌に関しましてはいつもより若干モヤモヤも弱めですが

 

 

やはり照明の光や周りの景色の映り込みに鮮明さがありませんねsearch

 

 

 

 

 

先ほどご紹介したように硬質樹脂が混合された”セルフリストアリングコート”という塗装の為に

 

 

普通の塗装仕上げよりもモヤモヤが出やすい傾向にありますsecret

 

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島では本物の仕上がりを表現する為に

 

 

1台1台異なる塗装の特性やコンディションを見極め

 

 

じっくり丁寧に肌調整に時間をかけておりますのでご安心いただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

それでは最大限にまで光沢を引き出した202ブラック

 

 

高級感溢れるボディーの輝き具合をじっくりと感じ取ってくださいませcrownshine

 

2017210182228.JPG

2017210182629.JPG

2017210182310.JPG

2017210182251.JPG

2017210182332.JPG

2017210182348.JPG

2017210182414.JPG

2017210182433.JPG

2017210182451.JPG

201721018258.JPG

2017210182523.JPG

2017210182545.JPG

201721018262.JPG

 

 

 

施工前の塗り肌(ゆず肌)の強かった塗装表面を少しずつ緻密に整えながら

 

 

大小さまざまなキズを修正する初期段階の工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただいておりますshine

 

 

 

 

 

塗装表面のクリアー層により透明感が生まれ

 

 

何もかも鮮明に映し出すまるで黒い鏡のような光沢に仕上がりましたねup

 

 

 

 

 

 

いくらDCCのようなハイレベルな次世代ハイブリッドコーティングでも

 

 

ただボディーに塗ったそれだけで塗装が光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

 

このようにコーティングのベース下地となる塗装の肌調整をきちんと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を引き出してこそ

 

 

本当の意味での最高の仕上がりになるというのを十分にご理解いただきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 

 

 

どうしても安価な施工価格だけを求めてコーティングを選びがちですが

 

 

それで果たして満足出来る仕上がりと本当の効果を望めるのでしょうかsign02

 

 

 

 

 

本物の仕上がりの本物のコーティングをお求めの方は価格や宣伝文句だけで判断するのでなはなく

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術にも注目して下さいnotes

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9274