ホーム>スタッフブログ>C-HR DCC施工>「TOYOTA C-HR G-T」の肌調整が出来ました。
C-HR DCC施工

「TOYOTA C-HR G-T」の肌調整が出来ました。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

先日の私のちょっとした手違いによりお車のご紹介が前後してしまいましたがsweat01

 

 

 

「TOYOTA C-HR G-T」

 

 

肌調整が無事に出来上がりましたのでご紹介させていただきますsign01

 

 

 

 

 

塗装の光沢アップを重視した工程でみっちりとモヤモヤお肌を整えておりますので

 

 

透明感のあるキメ細かいスベスベのお肌に生まれ変わりましたよnote

 

 

 

 

 

一般的に肌調整の難易度が高いとされる塗装ではございますが

 

 

誰が見ても違いの分かる光沢の鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

ちなみに入庫時はこのような塗装状態でしたsearch

 

2017214172758.JPG

2017214172819.JPG

2017214172555.JPG

2017214172621.JPG

2017214172639.JPG

 

 

 

先日もご紹介しましたように平成29年2月登録のチャキチャキの新車でしたnewshine

 

 

 

ボディーカラーは”ブラックマイカ”という人気のブラックメタリックカラーになっておりますsweat01

 

 

 

 

 

いつものように高光度の特殊な照明の映り込み具合をよ~く見ていただくと

 

 

塗装のお肌のモヤモヤした感じがかなり気になりませんかsign02

 

 

 

 

 

もうこれはいくら真新しい新車といえどもこれは避けて通ることの出来ない

 

 

水性塗料を使用している国産車の塗装仕上がりの大きな短所となりますsweat02

 

 

 

 

照明の光の反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけるでしょうかsearch

 

 

 

 

 

まだボンネット中央部にはキズの修正か何かを行ったような形跡が見られましてdown

 

 

 

ポリッシャーによる機械キズにより微細なキズが入りクモリが出ておりましたng

 

 

 

 

 

近年の国産車のボディーの塗装は環境保護という名目で

 

 

水性タイプの塗料が使用されておりますので注意が必要ですdanger

 

 

 

 

 

 

7~8年前より国産車メーカーがボディーの塗装に採用しております水性塗料は

 

 

温風乾燥仕上げとなる為にどうしてもこんな風に肌質が粗くなってしまうようですねsecret

 

 

 

 

 

いろんなカラフルなカラーバリエーションが増えたことで誤魔化されがちですが

 

 

塗装そのものの耐久性や厚さや仕上がりなんかは一昔前よりも下降しているということを知っておいて下さいdown

 

 

 

 

 

その為にも分厚くて硬い強固なコーティングバリアで本当に塗装を保護出来る

 

 

DCCのような完全硬化型の本格的なコーティングがだんだんと注目されているんですよdeliciousnotes

 

 

 

 

 

巷に溢れる雨や水を一時的に撥水するだけのなんちゃってコーティングでは

 

 

本当に塗装を守ることは出来ないということをよ~く知っておいて下さいng

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島では本物の仕上がりを表現する為に真新しい新車と云えども

 

 

じっくり丁寧に肌調整に時間をかけて最高の状態に仕上げさせていただいておりますので

 

 

どのようなお車でもご安心してお任せいただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

それでは最大限にまで光沢を引き出したブラックメタリックの

 

 

重厚感溢れるボディーの輝き具合をじっくりと感じ取ってくださいませcrownshine

 

 

20172161872.JPG

2017216181238.JPG

201721618729.JPG

201721618754.JPG

201721618815.JPG

201721618843.JPG

20172161892.JPG

201721618924.JPG

201721618956.JPG

2017216181022.JPG

2017216181042.JPG

201721618110.JPG

2017216181127.JPG

2017216181149.JPG

201721618128.JPG
 

 

 

 

施工前の塗り肌(ゆず肌)の強かった塗装表面を少しずつ緻密に整える工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただいておりますshine

 

 

 

 

 

塗装表面にしっとりと濡れたような透明感が生まれ

 

 

まるで高級なピアノのような光沢に仕上がっているでしょうup

 

 

 

 

 

いくらDCCのようなハイレベルな次世代ハイブリッドコーティングでも

 

 

ただボディーに塗ったそれだけで光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

このようにコーティングのベース下地となる塗装の肌調整をきちんと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を引き出してこそ

 

 

本当の意味での最高の仕上がりになるというのをご理解いただきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 

 

 

 

どうしても安価な施工価格だけを求めてコーティングを選びがちですが

 

 

それで果たして満足出来る仕上がりと効果を望めるのでしょうかsign02

 

 

 

 

 

本物の仕上がりの本物のコーティングをお求めの方は価格や宣伝文句だけで判断するのでなはなく

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術にも注目して下さいnotes

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cptt.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9280