ホーム>スタッフブログ>2016年9月

2016年9月

「TOYOTA AVENSIS-W 2.0Li」の肌調整が出来ました。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

さて昨日からみっちりと時間をかけて施工をおこなってきました

 

 

「TOYOTA AVENSIS-W 2.0Li」の肌調整が出来ましたので

 

 

皆さまにご覧いただきたいと思いますsign01

 

 

 

 

平成25年8月登録のお車でしたが

 

 

光沢を最大限にまで引き出したことですっかり生まれ変わりましたよnote

 

 

 

 

まるで高級な陶器のようなソリッドホワイトのツルリン♪とした光沢感をぜひ体感してみて下さいcdshine

 

 

 

 

ちなみに肌調整前のボディーの様子はこんな感じでしたsign01

 

2016929152932.JPGのサムネイル画像

2016929152949.JPGのサムネイル画像

2016929153129.JPGのサムネイル画像

 

 

写真では分かりにくいかもしれませんが微細な洗車キズの影響で

 

 

照明がボヤケテ乱反射を起こしておりますsweat02

 

 

 

 

日頃のお手入れや洗車だけでは落としきれない汚れや水アカが クスミとなって表われ

 

 

ホワイトのボディーが輝きを失いかけている状態ですねdown

 

 

 

 

また塗装表面のキズや水アカの付着によるクスミ以外に

 

 

いつもの塗装のモヤモヤ感も確認出来ましたsearch

 

 

 

 

ソリッドホワイトはコーティング施工後のメリハリが分かりづらい色なので

 

 

特にきっちりとした肌調整が必要となりますsecret

 

 

 

 

白系のボディーは黒色などと違い

 

 

施工が簡単な色のように思われがちですがそうではないんですよcoldsweats01

 

 

 

 

誰が見ても分かるほどメリハリのある光沢を表現するのがすごく難しいのですsweat01

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島ではどのようなカラーやコンデションのお車でも

 

 

こだわりの肌調整技術で光沢を最大限に引き出してからコーティングを行っておりますshine

 

 

安心してお任せ下さいhappy01note

 

 

2016930162447.JPG

201693016254.JPG

2016930162527.JPG

201693016266.JPG

2016930162627.JPG

2016930162645.JPG

201693016273.JPG

2016930162728.JPG

2016930162748.JPG

201693016286.JPG

2016930162825.JPG

2016930162843.JPG

201693016296.JPG

2016930162926.JPG

 

 

 

今回のような光沢を表現し難いカラーでも

 

 

照明の映り込み具合の変化が十分に感じていただけるのではないでしょうかcarshine

 

 

 

 

 

トヨタ車の塗装の特性とコンデションに合わせたこだわりの肌調整によって

 

 

塗装表面をナノレベルにまで整えて光沢を目一杯引き出させていただきましたup

 

 

 

 

白系のボディーにコーティング施工をしてもそんなに変化がないのでは…

 

 

な~んてお考えの方はぜひ当店にご相談下さいflair

 

 

 

 

他では味わうことの出来ない極上の白光りに仕上げさせていただきますsign03

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

「TOYOTA AVENSIS-W 2.0Li」の入庫です。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですrain

 

 

 


まるで6月の梅雨を思わせるような雨模様の日々が続いておりますが

 

 

また本日も新しいお車の入庫がございますのでご紹介させていただきましょうsign01

 

 

2016929152838.JPG

 

 

「TOYOTA AVENSIS-W 2.0Li」をお預かりしておりますnote

 

 

平成25年8月登録のお車ですねmemopen

 

 

 

 

最近は塗装表面のキズやクスミが目立ちにくいというのもあり

 

 

パールホワイトのお車も台数が増え街でよく見かけるようになりましたcarshine

 

 

 

 

しかし塗装表面の状態が目立ちにくいというだけで

 

 

どのようなカラーの塗装も同じように痛んでいるというのを忘れないでくださいねdash

 

 

 

ではもう少しアップで見てみましょうsearch

 

2016929152913.JPG

2016929152932.JPG

2016929152949.JPG

 

 

写真では分かりにくいかもしれませんが微細な洗車キズの影響で

 

 

照明がボヤケテ乱反射を起こしていますsweat02

 

 

 

 

日頃のお手入れや洗車だけでは落としきれない汚れや水アカが クスミとなって表われ

 

 

パールホワイトが輝きを失いかけている状態ですねdown

 

 

 

 

皆さんのお車は大丈夫ですかsign02

 

 

 

 

 

キズやクスミが目立ちにくいボディーカラーだからといって安心していると

 

 

修正が出来ないほどにまで塗装が痛んでしまいますので

 

 

一度プロの目でよ~くチェックをしてもらって下さいflair

 

 

 

 

肌調整などで光沢が出せないほど塗装が痛んでいると

 

 

再塗装をしなければいけなくなってしまいますng

 

 

 

 

最近は一昔前と比べると塗装費用なども高騰しておりますので

 

 

驚くほどの金額が掛かってしまいますのでご注意くださいませdanger

 

 

2016929153029.JPG

2016929153051.JPG

2016929153110.JPG

2016929153129.JPG

 

 

 

さて塗装表面のキズや水アカの付着によるクスミ以外に

 

 

いつもの塗装のモヤモヤ感も同時に修正をしていきましょうsweat01

 

 

 

 

 

パールホワイトは塗装の工程が多いので

 

 

どうしてもこのモヤモヤが出やすいので特にきっちりとした肌調整が必要ですねsecret

 

 

 

 

白系のボディーは黒色などと違い

 

 

施工が簡単な色のように思われがちですがそうではないんですdash

 

 

 

 

誰が見ても分かるほどメリハリのある光沢を表現するのがすごく難しいんですよcoldsweats01

 

 

 

 

ではではじっくり丁寧に当店こだわりの肌調整によって

 

 

最大限にまで光沢を引きだしていきますので楽しみにしておいて下さいup

 

 

 

 

では今日もこの辺で…

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「Mercedes-Benz S320 Luxury-PKG」DCC Platinam Classの完成です!

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラス・カーティング専門店

 

 

カープロテクト徳島ですrain

 

 

 

なんか最近は雨のお天気ばかりで気分までも沈みがちですが

 

 

さていよいよ「Mercedes-Benz S320 Luxury-PKG」

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ ”クラスの施工が完成しましたのでご紹介いたしましょうdeliciousnotes

 

 

 

 

 

あまりの車の変貌ぶりにオーナーさまも言葉を失うほど

 

 

テロンテロンの白光り状態に進化しておりますsign01

 

 

 

 

今回は平成20年式のお車ということで

 

 

これまでに蓄積されてきた水アカや洗車キズなどによるクスミで輝きが損なわれている状態でしたsweat01

 

 

 

そこでカープロテクト徳島のこだわり抜いた下地処理技術により塗装の光沢を再生してから

 

 

DCCの液体ガラスをマニキュアのように塗り込み別格の輝きに仕上げさせていただいておりますdash

 

 

 

 

車のコーティングと一言で云いましても

 

 

その施工技術や使用するコーティング成分により仕上がりや効果がまったく変わってまいりますsign01

 

 

 

 

お車を本当にきれいに維持されたい方は 聞こえのいい宣伝文句や

 

 

安価な価格だけに捉われず本物のコーティングだけを見極めていただきたいと思いますsearch

 

 

 

 

そのような輝きを失いかけていたお車を極厚層コーティングバリアで

 

 

ガッチリ包み込みことで別格の輝きに進化しましたup

 

 

 

完全に生まれ変わったボディーをじっくりとご覧下さいshine

 

 

2016928164748.JPG

201692816489.JPG

2016928164833.JPG

2016928164921.JPG

2016928164941.JPG

201692816500.JPG

2016928165017.JPG

2016928165037.JPG

2016928165059.JPG

2016928165117.JPG

2016928165135.JPG

2016928165155.JPG

2016928165214.JPG

2016928165238.JPG

201692816535.JPG

2016928165329.JPG

201692816542.JPG

 

 

ヌメ~ヌメ~っとした厚み感と今にもとろけてしまいそうな白光りに進化しましたsweat02

 

 

 

照明の映り込みやとろけそうな厚み感がハンパじゃないでしょうshine

 

 

 

 

いつも車を見る視点と違った見た方をしていただくと

 

 

その普通ではない光沢の違いやコーティングの厚みというのを感じていただけると思いますheart02

 

 

 

 

本当に目で見えるほど厚くて硬いコーティングバリアを生み出すDCC効果によって

 

 

高級な陶器のような透明感のある輝きを表現させていただいておりますflair

 

 

 

 

またDCCによって形成されたコーティング被膜は限りなくクリスタルガラスに近い為に

 

 

あらゆる物質の劣化原因でもある太陽からの紫外線の影響を受けません sweat01

 

 

 

その為によくある”なんちゃってコーティング”のように コーティングそのものが劣化して

 

 

ボディーがくすんでしまうということもないのですsign01

 

 

 

 

 また約10ミクロン以上の分厚いコーティング被膜が塗装の3倍以上の硬さにまで硬化し

 

 

耐スリ傷性を発揮するとともに不燃性、耐透水性、耐薬品性、耐汚染性等にも優れているんですよsmile

 

 

 

 

DCCの能力は皆さんが認識されているよりも遥かに高いと思って下さいup

 

 

 

 

巷に溢れるただ一時的な見た目の撥水だけの効果しかないコーティングとは

 

 

根本的な塗装の保護能力が違いますのでその点は十分にご理解いただければと思いますnote

 

 

 

 

そんなDCCがすんごく気になるという方はカープロテクト徳島へお気軽にお問い合わせ下さいtelephone

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

「Mercedes-Benz S320 Luxury-PKG」の肌調整が出来ました。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラス・カーティング専門店

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

さて「Mercedes-Benz S320 Luxury-PKG」の肌調整がなんとか予定通りに

 

 

バッチリと出来上がりましたので皆さまにご紹介させていただきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 

 

あまり質の良くないコーティング施工による影響とこれまで蓄積されてきた大小さまざまなキズにより

 

 

かなりコンデションが低下しておりましたボディーをじっくりと丁寧に塗装をキメ細かく仕上げさせていただきましたdash

 

 

 

 

本当に見違えるようなお車の輝きに生まれ変わりましたよぉ~notes

 

 

 

ちなみに昨日まではこのような塗装状態でしたcrying

 

2016926171035.JPGのサムネイル画像

2016926171234.JPGのサムネイル画像

2016926171256.JPGのサムネイル画像

 

 

今回のお車は2008年(平成20年式)になりますpencil

 

 

 

 

高光度の照明を照らしてみますと…

 

 

ボディー表面がクスミを起こしておりまして照明の光がぼやけている状況ですsweat01

 

 

 

 

これまでに蓄積されてきた水アカと

 

 

コーティング剤の成分が塗装表面にこびり付きクスミを起こしておりますsweat02

 

 

 

 

 

巷に溢れるほとんどのコーティングはケイ素と呼ばれるシリコーン成分が主成分となり

 

 

時間の経過と共にそのシリコーン成分が劣化してしまい余計に塗装を弱く悪くしてしまうのですsweat02

 

 

 

 

巷に溢れる3年保証や5年保証と言われるほとんどのコーティングは

 

 

1年を目安にコーティングを除去しては塗り直すというメンテナンスと称する再施工をしなければ

 

 

見た目も本当のコーティング効果も持続しないと思っていて下さいban

 

 

 

 

 

お車を本当にきれいに維持されたい方は

 

 

聞こえのいい宣伝文句や 安価な価格だけに捉われず本物のコーティンングだけをお選び下さいねsearch

 

 

 

 

 

そのような粗悪なコーティングによるクスミの除去に始まり

 

 

大小さまざまな塗装表面のキズの修正や再生にかなり時間がかかりましたが

 

 

完全に生まれ変わった黒光り具合をじっくりとご覧いただきたいと思いますcarshine

 

 

2016927165447.JPG

201692716556.JPG

2016927165526.JPG

2016927165546.JPG

201692716565.JPG

2016927165623.JPG

2016927165640.JPG

2016927165730.JPG

2016927165747.JPG

201692716587.JPG

2016927165824.JPG

2016927165847.JPG

201692716596.JPG

2016927165924.JPG

2016927165941.JPG

20169271707.JPG

 

 

鮮明な映り込みと透明感のある光沢を放つ“ソリッドホワイト”をご覧いただけたでしょうかnote

 

 

 

 

かなり荒れていた塗装のお肌をナノレベルにまで整えて

 

 

何もかも鮮明に映し出す陶器のようなボディーに仕上げさせていただいておりますflair

 

 

 

 

とても昨日と同じお車には見えないでしょうsearch

 

 

 

質のあまりよくないコーティングの影響で輝きを失いかけていたお車が 完全に生まれ変わりましたねnew

 

 

 

 

いくら安価にコーティング施工が出来たとしても

 

 

コーティングの質や施工技術が悪いようではまったく意味がありませんsweat01

 

 

 

 

そのおかげで時間の経過と共に逆にお車の見た目が悪くなったり

 

 

塗装に悪影響を及ぼし取り返しの付かないことになる場合もあるのですshock

 

 

 

 

聞こえのいい宣伝文句や安価な価格に惑わされることなく

 

 

きちんとしたノウハウや施工技術があるのか?

 

 

どのような性能や効果のある コーティングを使用しているのか?

 

 

 

しっかりと見極めていただきたいと思いますsign03

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

「Mercedes-Benz S320 Luxury-PKG」の入庫です。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

日本列島の北と南で大きな地震があったようで心配されるところですねcoldsweats02



 

 

 

 

そんな中で本日よりまた新たに入庫したお車を

 

 

簡単にご紹介させていただきましょうdash

 

 

20169261792.JPG

 

 


Full Lorinser仕様で武装された

 

 

「Mercedes-Benz S320 Luxury-PKGをお預かりいたしましたflair


 

 

 



もう誰がどう見てもイカツイの一言ですが

 

 

ボディーカラーの影響から上品なラグジュアリー感が漂っていますよねcrownshine


 



 

ではさっそく気になる塗装の状態を見てみましょうサーチ

 

2016926171015.JPG

2016926171035.JPG

 

 

お車のほうは2008年(平成20年)のお車ですnote

 

 

 

ボディーは人気の”カルサイトホワイト”という白のソリッドカラーということで

 


非常に塗装表面のキズや水ジミなどが目立ちにくい色ですよねflair


 



 

その為にこれらの写真では捉え切れておりませんが

 

 

微細な洗車キズと今までに蓄積されてきた洗車だけでは落としきれない汚れや

 


 

得体のしれない何かのコーティングの残留成分がクスミとなって表われていますサーチ

 

 

 

 

特に塗装表面がかなり白くくすんで見えるのは



以前に施工されていたコーティングの残留成分の影響でしょうsweat01
 


 


 

巷に溢れるほとんどのコーティングはケイ素と呼ばれるシリコン成分なのですが

 

 

紫外線などに当たるとこのように被膜の表面が劣化し始め余計に塗装を曇らせてしまいますcloud

 


 

 

 

3年保証や5年保証と言われるコーティングのほとんどは


 

1年ごとに再施工(塗り直し)のメンテナンスを受けなければ効果は持続しないと思っていて下さいsign01


 

 

 

ただし何度も塗り重ねるだけのメンテナンスではお車はきれいに維持出来ません

 


古い角質の残ったお肌に何度も厚化粧をするのですから結果は見えていますよねガーン汗

 


 

 

っとは云うもの巷のコーティング専門で行われいるような

 

 

一度コーティングを磨き落してという再施工メンテナンスを繰り返すと

 

 

逆に大切な塗装までも同時に削り飛ばしてしまう大きなリスクを伴うのですdown

 

 

 

 

 

コーティングと一言で言いましても効果や性能によりピンからキリまでございます

 


 

お車を本当に長期間きれいに維持されたい方は本物のコーティングだけを見極めて下さいサーチ

 

 

2016926171234.JPG

2016926171256.JPG

2016926171314.JPG

 

 

ボディーの側面部分にも水アカや粗悪なコーティング剤のくすみと共に

 

 

塗装の塗り肌のモヤモヤ感が確認出来ますsearch

 

 

 

 

 

また国産車と比べると塗装品質が良い為に

 

 

モヤモヤした塗り肌も弱めですが特殊な照明を照らすとやっぱり気になってしまいますねsweat02

 

 

 

 

しかしカープロテクト徳島では輸入車の塗装に関しても精通しており

 

 

数多くの施工実績がございますので肌調整により十分に修正可能となっておりますので

 

 

どのようなコンデションのお車でも安心してお任せいただきたいと思いますgood

 

 

 


さあ今回も果たしてどこまで塗装が復活するのでしょうかひらめき電球

 

 


 

他では真似の出来ないこだわり肌調整によって

 

 

粗悪なコーティングでくすんだ塗装表面を極上の白光りに仕上げさせていただきましょうshine
 

 


 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>
 

 

 

 




 

「SUZUKI CERVO MODE SR-Turbo」DCCポリッシングメンテナンスの完成です!

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

 

いつもより静かな印象だった日曜日が終わろうとしておりますnight

 

 

 

だいぶ暑さも和らぎ皆さんレジャーなどにお出かけかなのかもしれませんねnote

 

 

 

 

 

 

さてそんな中で先ほど無事に納車が終わりましたが

 

 

新しいお車の作業がございましたので内容を簡単にご紹介させていただきましょうflair

 

 

2016925173011.JPG

 

 

「SUZUKI CERVO MODE SR-Turbo」をお預かりしておりましたsign01

 

 

 

こちらのお車は平成5年式となりますが

 

 

平成27年6月”D-CRYSTAL COAT Platinam”クラスを施工させていただいたお車になりますcarshine

 

 

 

参考までに当時のアメブロ時代の旧ブログをご覧になって下さいpc

 

soonhttp://ameblo.jp/a7730021/entry-12038414650.html

 

 

 

 

今回も大人の事情で詳しいことは申し上げられませんが

 

 

ボディー全体に謎の付着物のこびり付きによるシミが発生し凄い状態でしたdash

 

 

 

 

うっかりと写真を撮り忘れましたので

 

 

ダルメシアンのようにまだら模様になったボディーを想像していただきたいと思います…dog

 

 

 


オーナー様よりご相談をいただいた時にあらゆるケミカル剤を使用してみましたが

 

 

若干薄くなる程度できちんと落としきれない状態でしたsweat01

 

 

 

 

その為に今回はきちんと時間を取りまして

 

 

じっくりとポリッシング作業をさせていただいたという経緯になりますmemopencil

 

 

 

 

そんな分けで謎の付着物により輝きを失いかけていたボディーを

 

 

じっくり丁寧に磨き上げることでよりバージョンアップされた輝きに進化しておりますshine

 

 

 

どうぞご覧になってみて下さいsign03

 

2016925172625.JPG

2016925172653.JPG

2016925172718.JPG

2016925172736.JPG

201692517280.JPG

2016925172820.JPG

2016925172844.JPG

201692517296.JPG

2016925172932.JPG

 

 

DCC独得のテロ~ン♪とした光沢がまた蘇りましたねflair

 

 

 

 

謎の付着物によるシミを修正除去しながら

 

 

クリスタルガラスのように硬く硬化したDCCコーティングバリアの表面を

 

 

じっくりと鏡面に磨き上げ最大限にまで光沢を引き出してしておりますcrownshine

 

 

 

 

厚み感のあるDCCコーティングバリアの質感と存在感が

 

 

これらの画像でも十分に伝わると思いますhappy02

 

 

 

 

とても平成5年式のお車の輝きには見えないでしょうup

 

 

 

 

 

決してコーティングを塗り重ねた分けではないですよsign01

 

 

そんなことで無くなってしまう柔なコーティングではございませんgood

 

 

 

 

軽く2工程ほどのポリッシング作業でコーティングバリアの表面を磨き上げただけでございますrecycle

 

 

 

 

もし今回の出来事でDCCが施されていなかったら…

 

 

な~んて考えると恐ろしいですよねshock

 

 

 

 

 

1度の施工であらゆる塗装の劣化要因から

 

 

長期に渡り塗装をガッチリ保護してくれるコーティングは

 

 

世界広しと云えどもDCCだけだと云っても過言ではないでしょうfuji

 

 

 

 

DCCの凄さを体感してみたいという方や興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいcoldsweats01

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「SUZUKI ESCUDO 2.4 Landbreeze」DCC Platinam Class の完成です!

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

何かと慌ただしい土曜日となりましたが

 

 

そんな中で「SUZUKI ESCUDO 2.4 Landbreeze」

 

 

”D-CRYSTAL COAT プラチナ”クラスがようやく完成いたしましたのでご紹介いたしましょうsign01

 

 

 

 

 

巷に溢れかえるそんじゃそこらのなんちゃってコーティングでは絶対に真似の出来ない

 

 

目を見張るほどの仕上がりの違いをご覧いただきたいと思いますnote

 

 

 

 

極厚層クリスタルコーティングバリアの効果で

 

 

ボディー全体がヌメヌメ状態のクールカーキーパールメタリックに進化してますよぉ~shine

 

 

 

 

 

塗装の塗り肌がちょっと粗めのボディーコンデションでしたが

 

 

カープロテクト徳島ではじっくり丁寧に肌調整に時間をかけて塗装の光沢を引き出し

 

 

コーティング施工をさせていただいておりますのでご安心お任せ下さいませdeliciousnotes

 

 

 

 

 ではでは施工前の塗装状態や光沢具合をよ~く見比べながらながら

 

 

どのようにボディーの輝きが進化したのかじっくりとご覧くださいsearch

 

 

2016924173245.JPG

201692417334.JPG

2016924173323.JPG

2016924173341.JPG

2016924173359.JPG

2016924173420.JPG

2016924173439.JPG

2016924173619.JPG

2016924173638.JPG

2016924173655.JPG

2016924173713.JPG

2016924173732.JPG

2016924173758.JPG

2016924173816.JPG

2016924173834.JPG

2016924173852.JPG

2016924173920.JPG

 

 

このまるで塗装をぽってりと厚塗りしたかのような重厚な光沢が

 

 

これらの写真だけでも十分に感じていただけるのではないでしょうかflair

 

 

 

 

ヌメヌメトゥルトゥルのしっとりとしたボディーに生まれ変わりましたねcarshine

 

 

 

 

いつも申し上げておりますがカープロテクト徳島こだわりの肌調整仕上げと

 

 

DCCの分厚いコーティング層との相乗効果によって生まれた別格の光沢ですsign03

 

 

 

 

どちらかの施工技術やコーティング能力がわずかに欠けても

 

 

この異様なまでの別格の輝きは実現しないのですdash

 

 

 

 

また今回の施工によって形成された厚みのあるコーティングバリアは

 

 

本物のクリスタルのように紫外線や酸性雨などの影響を受けない性質に転換していますsecret

 

 

 

 

DCCの極厚層コーティングバリアが塗装をガッチリと保護してくれるのですから

 

 

コイン洗車機で洗車をしていただいても塗装が痛んでしまうことがありませんgood

 

 

 

 

そんなカーコーティングを今までに見たことも聞いたこともないと思いますsweat01

 

 

 

 

皆さんならWAXの延長のような一時的にただ水を撥水するだけのなんちゃってコーティングと

 

 

1度の施工で長期に渡り塗装を紫外線やキズなどからも守ってくれるコーティングとどちらを選択されますかsign02

 

 

 

 

こんなお車の輝きに憧れる方はぜひDCCをお選び下さいnote

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

「SUZUKI ESCUDO 2.4 Landbreeze」の肌調整が出来ました。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsunrain

 

 

 

 

さて「SUZUKI ESCUDO 2.4 Landbreeze」

 

 

肌調整が無事に出来上がりましたのでご紹介させていただきますsign01

 

 

 

 

塗装の光沢アップを重視した工程でみっちりとモヤモヤお肌を整えておりますので

 

 

透明感のあるキメ細かいスベスベのお肌に生まれ変わりましたよnote

 

 

 

 

一般的に光沢の表現が難しいカラーではございますが

 

 

誰が見ても違いの分かる光沢の鏡面ボディーに仕上ったのではないでしょうかshine

 

 

 

 

ちなみに昨日もご紹介しましたが入庫時はこのような塗装状態でしたsearch

 

2016921161952.JPGのサムネイル画像

201692116218.JPGのサムネイル画像

2016921162144.JPGのサムネイル画像

 

 

お車はつい先日に納車されたばかりのチャッキチャキの新車でございますnewshine

 

 

 

ボディーカラーは”クールカーキーメタリックパールという限定カラーですねflair

 

 

 

 

こうしてみると照明の映り込みがぼやけているのがお分かりいただけると思いますが

 

 

いつもの国産車の塗装の短所でもある塗り肌(ゆず肌)のモヤモヤがかなり気になるところですsweat01

 

 

 

 

普通の太陽の光だけでは見えにくいですが

 

 

当店のブース内の特殊な照明を照らすと塗装の肌の粗さなどが浮かび上がってくるのですsearch

 

 

 

 

近年の国産車に採用される水性塗料は一昔前のウレタン焼き付け塗装と比べて

 

 

温風で乾燥させるだけの簡単仕上げとなりますのでこのような肌の粗さになってしまうようですよsweat02

 

 

 

 

 

そのような国産車の塗装の短所や塗装コンデションを良いものにする為に

 

 

今回の肌調整という工程は無くてはならない作業なのですdash

 

 

 

 

 

カープロテクト徳島では本物の仕上がりを表現する為に

 

 

じっくり丁寧に肌調整に時間をかけておりますのでご安心いただければと思いますdeliciousnotes

 

 

 

 

それでは最大限にまで光沢を引き出したメタリックカラーの

 

 

進化したボディーの輝き具合をじっくりと感じ取ってくださいませcrownshine

 

2016923163047.JPG

201692316316.JPG

2016923163123.JPG

2016923163141.JPG

201692316322.JPG

2016923163226.JPG

2016923163242.JPG

201692316332.JPG

2016923163320.JPG

2016923163338.JPG

2016923163356.JPG

2016923163413.JPG

2016923163431.JPG

2016923163449.JPG

2016923163514.JPG

 

 

お預かりした時の塗り肌(ゆず肌)の強かった塗装表面を少しずつ緻密に整える工程から

 

 

最終仕上げの光沢を引き出す工程まで妥協する事なく丁寧に仕上げてさせていただいておりますshine

 

 

 

 

 

塗装表面のクリアー層により透明感が生まれ

 

 

キラキラしたメタリックの粒子が鮮明に浮かび上がり光沢がかなり増しましたよねup

 

 

 

 

いくらDCCのようなハイレベルな次世代ハイブリッドコーティングでも

 

 

ただボディーに塗ったそれだけで光り輝き最高の仕上がりになるものではありませんsoon

 

 

 

 

このようにコーティングのベース下地となる塗装の肌調整をきちんと行い

 

 

その塗装本来の色と透明感のある瑞々しい光沢を引き出してこそ

 

 

本当の意味での最高の仕上がりになるというのをご理解いただきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 

 

 

どうしても安価な施工価格だけを求めてコーティングを選びがちですが

 

 

それで果たして満足出来る仕上がりと効果を望めるのでしょうかsign02

 

 

 

 

 

本物の仕上がりの本物のコーティングをお求めの方は価格や宣伝文句だけで判断するのでなはなく

 

 

その職人の仕事に対するこだわりと施工技術にも注目して下さいnotes

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「SUZUKI ESCUDO 2.4 Landbreeze」の途中経過です。

 

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング専門店

 

 

カープロテクト徳島ですrain

 

 

 

 

本日は秋分の日ということでお休みの方も多いかと思いますが

 

 

朝から雨が降ったり止んだりという残念なお天気となっておりますcrying

 

 

 

 

 

そんな中で昨日よりお預かりしている

 

 

「SUZUKI ESCUDO 2.4 Landbreeze」のカーコーティング施工の途中経過をご紹介しましょうcoldsweats01

 

 

 

2016922151238.JPGのサムネイル画像

 

 

先日の台風の影響により日程変更しておりました

 

 

コーティング部分施工を午前中に済ませまして午後から肌調整の作業を開始しておりますdash

 

 

 

 

まだようやく1工程目が終わった途中段階ですが順調に塗装の光沢が変化してきておりますよぉ~shine

 

 

2016921161952.JPGのサムネイル画像

201692116218.JPGのサムネイル画像

2016921162144.JPGのサムネイル画像

 

 

これらは昨日ご紹介した画像ですが

 

 

水性塗料の短所でもあるデコボコした塗り肌の影響で照明の映り込みが弱く見えますsearch

 

 

 

 

今日から行っている肌調整は少し粗めのの塗装の塗り肌を

 

 

キメ細かく調整しながら光沢を引き出していく重要な作業ですねsecret

 

 

 

 

 

いくらDCCのコーティング性能が優れていても

 

 

ベース下地となる塗装がモヤモヤした状態では本物の仕上がりにはなりませんsweat01

 

 

 

 

ましてや塗装の肌調整など一切行わないディーラーさんの工場で施工される

 

 

なんちゃってコーティングなどは比較対象にもならない次元のものでございますsweat02

 

 

 

201692215112.JPG

2016922151125.JPG

 

 

まだまだ初期段階ということで遠目からの画像しかご紹介出来ませんが

 

 

少し粗めの塗装がスッキリとした照明の反射に変化してきているのがお分かりいただけるでしょうsearch

 

 

 

 

 

今の工程が終わりましたら今度は光沢を引き出しながら

 

 

スベスベで透明感のある塗装に仕上げる作業に移行していくのですshine

 

 

 

 

 

口で云うのは簡単ですがsweat01

 

 

この工程は塗装の状態や特性を見極めながら行うもので

 

 

コーティング職人としましては一番技術を要するものになりますsign01

 

 

 

 

 

何度も云いますがカーディーラーさんや安価なコーティング専門店で行われている

 

 

洗車をしただけのボディーにいきなりコーティングを塗って拭き取るだけの

 

 

”なんちゃってコーティング”とはまったく別モノとしてお考え下さいませcoldsweats01

 

 


2016922152718.JPG

201692215135.JPG

 

 

 

カーコーティングというのは使われるコーティング剤の成分も注目すべきところなのですが

 

 

新車や経年車にかかわらずボディーの塗装の光沢を最大限に引き出す肌調整技術が最も重要なのですsign03

 

 

 

 

 

1台1台異なる塗装状態やボディーのコンデションに合わせて

 

 

塗装の光沢を最大限に引き出す肌調整が出来てこそ本物のカーコーティングの仕上がりになるんですねshine

 

 

 

 

 

ただ洗車しただけのボディーにコーティング剤を塗って拭き取るだけでは

 

 

仕上がりがどうのこうのという前にコーティングの定着そのものも半減してしまうので注意が必要ですねdown

 

 

 

2016922151338.JPG

201692215142.JPG

 

 

 

今回はいろんな車のカラーの中でもカーコーティング仕上げのメリハリが表現しにくい

 


カラーとなっておりますが一体どこまで輝きに変化が出るのでしょうかsign02

 

 

 

 

これからじっくりと丁寧に塗装表面を緻密に整えながら

 

 

新車以上の新車に仕上げてさせていただきたいと思いますnote

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

「SUZUKI ESCUDO 2.4 Landbreeze」の入庫です。

 

 

 

こんにちは、徳島県の次世代ガラスコーティング・プロショップ

 

 

カープロテクト徳島ですsun

 

 

 

 

昨日までの嵐のお天気はなんだったんだと云いたくなるほど

 

 

今日は久しぶりの良いお天気となりましたnote

 

 

 

 

そんな中でまたまた新しいお車が入庫しておりますのでご紹介させていただきましょうsign01

 

2016921161819.JPG

 

 

「SUZUKI ESCUDO 2.4 Landbreeze」をお預かりいたしましたnote

 

 

 


もうスズキ自動車では定番中の定番とも云えるミドルサイズSUVですねrvcarshine

 

 

 

 

 

マニアの間ではコンパクトながらも本格的な4WD車ということで

 

 

大人気のモデルでございますup

 

 

 

 

 

さっそくDCCハイブリッドシャンプーによる入念な手洗い洗車を済ませたところで

 

 

ちょっと気になる塗装のコンディションをご紹介させていただきたいと思いますdash

 


2016921161917.JPG

2016921161935.JPG

2016921161952.JPG

 

 

お車は数日前に納車されたばかりのピッチピチの新車でございますnewshine

 

 

 

 

オーナーさまは今までにかれこれ3台ほどコーティングでお世話になっておりまして

 

 

今回も当店のスケジュールに納車を無理やり合わせくださいまして

 

 

ちょうど良いバッチリのタイミングでお預かりとなりましたflair

 

 

 

 

いつもいつもご愛顧いただきまして誠にありがとうございますcoldsweats01

 

 

 

 

今回も新車以上の新車の輝きに仕上げさせていただきますのでしばらくお待ち下さいませcoldsweats01

 

 

 

 

さてさてボディーカラーは”クールカーキーパールメタリック”という限定カラーですねsearch

 

 

 

 

 

しかし照明の映り込み具合をよ~く見ていただくと塗装のお肌のモヤモヤがかなり気になりませんかsign02

 

 

 

 

もうこれはいくら真新しい新車といえどもこれは避けて通ることの出来ない

 

 

水性塗料を使用している国産車の塗装仕上がりの大きな短所とも云えますsweat02

 

 

 

 

特殊な照明の反射の仕方でぼんやりとしたモヤモヤ加減がお分かりいただけるでしょうng

 

 

 

 

国産車のボディーの塗装は環境保護という名目で

 

 

コストの安い水性塗料が使用されておりますので注意が必要ですdanger

 

 

 

 

 

7~8年前より国産車メーカーがボディーの塗装に採用しております水性塗料は

 

 

温風乾燥仕上げとなる為にどうしてもこんな風に肌質が粗くなってしまうようですねsecret

 

 

 

 

最近ではカラフルなカラーバリエーションが増えたことで誤魔化されがちですが

 

 

塗装そのものの耐久性や厚さや仕上がりなんかは一昔前よりも下降しているということを知っておいて下さいdown

 

 

 

 

その為にも分厚くて硬い強固なコーティングバリアで本当に塗装を保護出来る

 

 

DCCのような本物のコーティングがだんだんと注目されているのですsign03

 

 

 

 

 

巷に溢れる雨や水を一時的に撥水するだけのコーティングでは

 

 

本当に塗装を守ることは出来ませんよsweat01

 

 


201692116218.JPG

2016921162125.JPG

2016921162144.JPG

201692116221.JPG

 

 

 

さてボディーの側面なども見てみると同じように塗り肌が粗く

 

 

やはり強めのモヤモヤが確認出来ますねsearch

 

 

 

 

今回もかなり時間をかけた入念な肌調整が必要になってきそうですが

 

 

これまでのノウハウと肌調整技術によりスッキリと解消出来ますのでご安心くださいhappy01notes

 

 

 

 

 

粗めの塗装の塗り肌(ゆず肌)を少しずつキメ細かく調整しながら光沢を引き出し

 

 

そんじゃそこらにないような別格の輝きに仕上げていきましょうnote

 

 

 

 

本日もありがとうございました<(_ _)>